FC2ブログ

コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

3月25日(日) You're King of Kings  -政治・経済 - 政治・経済・時事問題-

i311.jpg  桜も満開に近付く陽気の中、すっかり3月が定着しつつある党大会がやって来た。カーリング娘かパラリンピック金銀銅制覇か、メダリスト登場は予想が付いたが、良い意味で期待を裏切ったのはいきなり冒頭に現れたことだろう。
 こちらは3000mでひとつ順位を上げていればまさに金銀銅鉄で揃い踏み+15点、とゴルフではないのだが、更にオールラウンダーでも金の高木美帆選手が先達たる橋本聖子氏との対話形式でスタートとは豪奢に他ならない。何よりも高木選手の受け応えが実に巧みで、立派に"陳情"まで述べておられ、スポーツで頂点を極める人物の高潔さが伺われた。
i312.jpg  政治活動に従事している訳ではないので、周辺居住者業であっても欠かさず党大会の歴史を追い続けてはいないものの、記憶を紐解いてもメダリストはスペシャル・ゲストの定番に他ならず、嘗てはアーチェリーの山本先生の漫談の如くに腹を抱えて大笑いしたり、矢鱈と弁舌爽やかと思ったら数年後には違う党からご出馬された方もおられた。
 ただ昨年は駅伝の原監督が幾ら話題を振っても、幼少の砌から目立たす控え目に振る舞うよう自制が働き過ぎているのだろう福原愛選手の如くに、弁舌が本職ではないのだから当然とはいえ、著しくエンターテイメント性に欠ける事例も生ずる。
i313.jpg  元より政党の最高意志決定機関たる党大会は興行ではないので、客寄せに膨大なエネルギーを投ずる謂れは無いのだが、折角全国から集まる年に一度お祭りの側面も当然有しているので説遇にひと捻りしたくなるのは道理だし、何よりも松崎しげる氏のインパクトが強過ぎただけに、次の一手への期待権が増殖するのは否めまい。
 そして結論として今年は谷村新司氏であった。考えてみれば"保守"政党にこれ程似つかわしい人選は無く、余りにオーソドックスには違いないが、選曲も思い切り"わが国"らしく「昴」、「群青」と来て、オーラスはまさに訪日外国人四千万を目指すに相応しい「いい日旅立ち」とは良く出来ている。
i314.jpg  世代的にはそれでも少し上になるものの、一曲ぐらいは派手に盛り上がるべくアリスの楽曲もと思わなくはなかったが、来場者の年齢に鑑みれば穏当なレパートリーであったろう。
 五輪という旬の話題性と純然たる娯楽を分割して前後に配し本題を彩る構成は天晴れ、来年は是非とも去り行く「平成」の唄メドレーでお願いしたい。

 品川で昼間からステーキと山盛りのポテトを平らげ、夜は一家で三崎港にて穴子の皿を堆く積み上げる。更に寝る前には多胡麻をひと袋。
 齢を重ねると量を食べられなくなるのが通例で、事実その通りだったのだが、このところ胃拡張気味で公資がスマートになる替わりに「でぶちん」の称号を襲名しそうである。清涼飲料水も旺盛に取得しているので寧ろ糖尿の気を懸念すべきかも知れないのだが。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3644-34e0e846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad