FC2ブログ

コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

2月25日(日) 偉大なる錯誤  -スポーツ - ゴルフ-

i287.jpg  ガチガチのお仕事か、半ば息抜きかは別として、大半は関係者とのラウンドなので、友人とのそれは14ヵ月振りになる。
 元より常日頃も緊張感に溢れている訳でも無いから、友人とだと言っても特段心安さが高まる好循環も認められない筈なのだが、昨年好成績を挙げたジャパンPGAを選択して安心感に包まれていたのは明らかに好条件であったろう。
 成績は可もなし不可もなしが一番との格言は、然るに優と良ばかりという戯れ事だが、前半は本来の意味通りのパーなしトリプルなしと、波が少ない安定の49であった。
 実に年明けから前半は3度続く40台に、ほぼ総入れ替えとなったクラブに続き紛失されて新調した靴に再び足を通し、過去2回の急落を再現すること無きよう気合いを入れ直して臨んだ後半も、幸いなことにティーショットは山口泰明先生のポスター宜しく「ブレない」。
 2番ショートでパーを拾い、8番第二打OBのトリプルが初めて出たが概ね前半と同じペースで、オーラスのロングは縦しんばトリプルでもと気が楽になったのが功を奏したのだろう、第四打アプローチをトップして奥のバンカーに突っ込んだものの、低く出して見事砂イチのチップイン・パーとは出来杉君も真っ青である。
 約一年振りの百切りは96。ところが威風堂々引き揚げて記録を確認してみると、確かにジャパンPGAに訪れていたのは事実だが百十の王を凌駕しており、全くの錯覚に過ぎなかったのだ。病は気からではないが、ゴルフにおけるメンタル面の意義を自ら体現して仕舞った。翻れば成功体験わや恣意的に脳裏に刻み込んでおくべきという教訓か

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3634-bcc8bb49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad