FC2ブログ

コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

1月3日(祝) 書を仕舞い棒を振ろう  -スポーツ - ゴルフ-

i210.jpg  湯沢行が一同より一日遅れになったのは義父のセダン車には総員搭乗出来ないからではあるが、この休養日を活用して、身動きの取れない本の山積みを些かでも解消に努めたいとの思惑もあった。
 そもそも書斎の本箱が向かって右翼、部屋の最奥部だけ色違いなのは、当初はここに安置されていたキーボードとスタンドをPC机に90度相対に移動し、椅子周りをYMOのステージ上の如く模様替えして収納を拡大させたからに他ならない。
 結果的には後付けの本棚が崩壊して二年前には新調しているのだが、中間三列はCDラック仕様であり、旧配置の名残りでうち一列のみは窓向き、即ち嘗ては演奏の際に取り出し易い様に今となっては明後日の方向に対峙したままの上に、多分に余力が残されていたのである。
 従ってCDを二列に纏め、残る一列は方向転換した上で中間の棚木を間引きつつ本棚に転用したところまでで年を越し、湯沢から帰還して思い切って文庫本の多くをブックオフ送りとしてお片付けに勤しんだものの、なお結局は仕舞い切れない。最早対症療法では到底購えないものの、ひと先ずは足の踏み場を確保したことで所期の目的は果たしたとしようか。

i207.jpg  さてもうひとつのお題は悲惨だった打ち納めからの脱却だったが、こちらも30日早朝からホーム練習場のファーストゴルフを訪れるも年末仕様で8時オープンに愕然とし、やむを得ず城西ゴルフへと南下急行に及んだ経緯があった。
 して年も改まって三が日から桜台へ向かうと今度は危惧された通り強風のため閉場で、又もや関町の打ち初めを余儀無くされた。元より両者は距離も似通っており、ティーアップが自動か否か程度の違いしかないのだが、慣れ親しんだ常打ちの御縁に巡り合わないのは正月早々不祝儀であろう。
 生命線の3Wを新調して以来左巻きに流れているのが気掛かりで、しかしなから何箱打っても力み過ぎずという当たり前の結論位しか得るものはない。何時になったら眼が開くのか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3612-09975f16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad