FC2ブログ

コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

12月31日(日) トキメキを運ぶよ  -育児 - パパ育児日記。-

i199.jpg  愈々受験まで一年、公資の冬季講習日程も嵩んで合間を縫っての湯沢も短期集中である。一行より更に一日遅れて父は昨夜到来し、大晦日は少しだけ足を伸ばしてガーラにやって来た。
 民営化後のJRによる数少ないドル箱リゾート施設であり、車両基地への回走線を利用して越後湯沢駅から新幹線車両が走行するが、博多南線同様に在来線扱いである。何と無く嘗てのザウスの様な屋内施設の印象があったが、湯沢を訪れ続けてはや十数年で初到来とは灯台もと暗しも窮まれりながら、勿論普通のスキー場であり、三年前、新高輪プリンスにて中西圭三氏の熱唱に接した「Choo-Choo Train」はキャンペーン・ソングでもあった。
i200.jpg  妻は本日はお役御免で引率は父のみだが、ゲレンデまではゴンドラで登り、今般もカフェテラス待機のスキー天国状態である。例年なら年賀状のコメント添えが佳境を迎えているがに、今年は手持ち無沙汰に読書が進み、断続的に食物を摂取して腹が膨れてくる。
 食べ盛りの息子達を早々11時過ぎには一旦呼び寄せ早めの昼食を経て午後の部に送りだしたが、豪雪吹き荒ぶ昨日とは打って変わってのスキー日和と思いきや、上窓部は俄かに強風激しくなり、リフトの遅延、休止もとアナウンスが流れ始めるや否や、結局12時を以て運航中止とは山の天気は侮れない。
 ただ一日券を買って仕舞ったので提携スキー場へと可岸を変えることも出来たのだが、元より19番ホールならぬゲレンデ後が目途であった父には早上がりは好都合で、下りゴンドラの大混雑こそ想定外だったが、まだ人気も疎らな大浴場へと向かう。温泉自体はスキー場らしい小さな湯船とはいえ、わざわざ持参した真冬の水着が功を奏して温水プールへと繰り出し、雪見の露天ジャグジーは一興であった。

i201.jpg  総合司会の内村氏が旨く場を繋いでいたとはいえ、年々笑いの要素ばかりが増えていく紅白。NHK仕様に毒が削がれた頃に出番が回って来るので、昨年のピコ氏同様、紅白出場がピークアウトを裏打ちされている様で些か切ない。
 ただ公資が「今年を現す唄が無い」と看過した様に、一年を振り返る代名詞を最早唄に求めるのが難しく、笑芸を以て代替せざるを得ない証しでもあろう。  勿論、こちらが年を取ったからには違いないものの、TOSHI氏の自虐ギャグとYOSHIKI氏の首振りのX JAPANだけが妙に印象的で、今更「CAN YOU CELEBRATE?」は唄い難いのかも知れないが、安室氏も「Hero」で引退では些か国営色が強過ぎたろう。
 前日のレコ大も還暦間近のピンクレディーの奮闘振りには感服したが、AKBから五年を経てなお乃木坂とは、この間流行歌の世界は螺旋階段を足踏みし続けていたに等しい。郵政民営化審議に寄せた小泉総理のコメント「根比べですね。コンクラーベでなくて」を想起させる曲名は当然狙ったものだろうが、こちらも欅坂とともにエンターテイメントとしてのダンスには敬意を払って然るべきとしてなお、楽曲が世に連れているかには疑問が残るのである。
 演歌の大御所が挙って卒業し、ゆずの大トリに至るまで消化不良の年末歌謡曲事情であった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3610-e29cbcba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad