FC2ブログ

コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

10月8日(日) 苦しくったって  -育児 - パパ育児日記。-

i96.jpg  六年前には小学校と幼稚園の運動会の梯子が生じたが、残念ながら祐旭の中学には父兄参観行事が少なく、幸か不幸かダブル・ブッキングに陥いることは無く、寧ろ役者が二人から一人に減ると、存外に運動会観戦とは間を持て余すとの述懐があった。
i98.jpg
i97.jpg
 して今年は公資の運動会と、二年になって大会出場の途が拓けた祐旭の拝球とが連戦になり、選挙戦中に未曾有の二連休を目論んでいたのだが、折からの雨予報で前夜に延期が決まり、見事に重複に至る。おかげで土曜は貴重なオフとなり体力の回復に努めたが、一転して忙しい日曜日となった。
 高校受験も無いのに三年生は早々に引退し二年が主力とは学生団体も吃驚の出世の早さだが、珍しく経験者として入部した一年生に、父をほぼ凌駕しつつある立端の長さが幸いして辛くも後から来たのに追い抜かれることなくレギュラーを確保した祐旭は、初戦となる第二試合からフル出場する奮闘振りである。元より区大会と言っても四校だけだから各三戦の計六試合にひとつ置きに出番が回ってくる。
i99.jpg  ただ公立校との実力の違いは明らかで、善戦虚しくストレート負けであったが、決して運動神経に恵まれず、かつ運動部経験も皆無な父母の長男が、レシーブを明後日の方向に飛ばしつつも、時にはブロックに飛んで見事に左右を抜かれたりとコートを駆け巡る姿には、かの大松博文監督もかくや、であったかは全く定かではないものの、感慨深いものがあった。前週は新法施行に先駈けて、長野で外国人宅に民泊し農業体験等に勤しんだ祐旭も忙しい中にも気力充分の構えである。
 残念ながら一試合で練馬の某中学校は後にし、小学校に取って返すと、骨折も癒えふくよかな体格を活かして立派に馬を務めた公資の騎馬戦こそ見逃したものの、五年のもうひとつのメイン競技、恒例のソーラン節には無事間に合い、掛け声も高らかに気合い千万の舞踏を拝察するも、これも毎度ながら煩雑にポジショニングを移動するので三脚上のビデオをズームしつつ被写体に傾けつつ、巨大な望遠レンズを抱えてシャッターを切るのはひと苦労である。
i100.jpg  ここ迄で勢力を使い果たしたか、昼食を挟んで全校演技の馬橋音頭は二年生を配下に従え余裕の構えというか、指先の伸びに従前程の真剣味が感じられなかったかも知れない。
i101.jpg  登壇オーラスの徒競走は五六年選抜のリレーにエントリーされた面子に周囲を固められ、残念ながら栄光のゴール・テープを豊満な腹部で断ち切ることは叶わなかったが、赤組の大勝には貢献出来たのではなかろうか。
 そしてその結果が斎される前に、父と入れ替わりで練馬へと急行した妻から、実に第三試合において学院中初勝利の吉報が届く。選手の頭数が揃わず出場すら危ぶまれた有名進学校がギリギリ参画が叶い、それでも過去の実績からは四分六で劣勢、新聞ならば「支持者の○割を固め追い上げ」と表記されそうな前評判だったが、見事ワンセットを先取しフルセットマッチの末に勝鬨を得たのである。

 事後、出社を経て集会に顔を出す。少なくともグリーンが勝利していなかったのは、よい前兆になったろうか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3578-a88c1aed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad