コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

6月27日(火) 若さゆえ  -趣味・実用 - 将棋-

h947.jpg  将棋に最も打ち込んだ小学生時代、棋界の巨星は三十路を越えたばかりの中原名人やその少し上の世代にあたる米永、内藤、加藤一二三といった面々だったが、病気休場がちとはいえ升田元名人や大山十五世といった還暦近くの御歴々もA級に健在であり、現に大山氏は69歳で亡くなるまでその地位を保っていたものである。
 翻って現在のA級最年長は47歳の佐藤元名人であり、B級1組まで拡げても50代は谷川十七世のみ、46歳の森内十八世がフリークラスに転出するまでに、ベテランの生き難い世界になっている。
 元より「連勝」自体は、各棋戦に予選から参画するが故に対局間隔が短く、かつ対戦相手に大物の少ない若手に有利なのは疑い無く、現に前記録保持者の神谷現八段、その前の塚田現八段も20代で樹立している。
 ただその両者が特定の新戦法を糧に文字通り破竹の勢いで成し遂げ、結果的にその対応策が編み出されてからは必ずしも第一級の戦績を残しているとは言い難いのに対し、今般藤井四段は棋風も定まらない内に勝ち進んでいるのだから、まさにプロ初勝利の相手となった加藤一二三氏宜しく「岩戸以来の大天才」と化す伸び代は大いに秘めていよう。
 とくに藤井氏は大局観の鋭さが指摘されているが、本来ならそれは対局を重ねた経験則から導かれるものであり、だからこそ少なくとも嘗ては寧ろ終盤乱戦に持ち込んでからが腕の魅せ処たる、ベテラン優位な領域が存在した筈である。今やチェスに続き人間との優劣がほぼ決着したAIも、ベースがディープ・ラーニングである限り本来は同じ構図であろう。
 にも拘わらず経験則に欠ける、若しくは恰も勘が鈍るからと議論を好まなかった小泉元総理の様に、蓄積が無いからこそ天啓の如くに湧き出る大局観なるものが存立し得るということか。だとすればその構造の解明こそがAI開発のひとつの道標なのかも知れない。
 泉下の灘九段に伺ってみたいところである。れんしょうだけに。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3533-39797986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad