コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

6月2日(金) アウフファーレン  -音楽 - 音楽-

h929.jpg  クラフトワークの8枚組アルバム再現ライブ・ボックスを購入してみた。ヒトは継続しなくとも音はブラッシュアップされつつ変わらないのだから継続は力なりであろう。
 考えてみればラップトップで音と映像を操る構図は極めて現代的なのだが、敢えてCDだけを選択したところ、代表曲がリニューアルされたアルバム「ザ・ミックス」があり、こちらも再現に含まれているにも拘わらず、旧アルバムも処々微妙に「ザ・ミックス」よりにアレンジが改められているので、間違い探しの如く愉しみも見出だされた。
 日本編集版でも無いのに「電卓」には矢張り日本語の歌詞が含まれているが、新たに賦与されたのが「日本でも放射能」である。 今となっては非原発大国・独逸らしく当然の如くに受け止められてはいるものの、考えてみればアウトバーン、TEE、コンピューターと独逸乃至は西欧の誇る最新鋭技術をテーマに掲げ続けてきたクラフトワークの歴史に鑑みれば、Radio-Activityが「ラジオ活動」とのダブル・ミーニングである以上に、「放射能」そのものまたこの文脈の中に位置付けられるべきものであった筈である。 ところが21世紀に至り「ツール・ド・フランス」で急速に自然派に舵を切り、今や全く逆の観点から捉え直された「放射能」は反原発の象徴宜しく新たな意味付けが与えられようとは、この点もまた極めて現代的ではなかろうか。
 YMOしかり電子文化の粋を極めた音楽家が自然エネルギーを掲げて技術に背を向ける傾向は民族を問わないのかも知れないが、敢えて独逸に拘り続けるのならばわが国とともに世界経済を牽引する機関車たる役回りを再び高らかに謳い上げ、昇り続けるのが筋であろう。
 折しも「アウトバーン」の歌詞にある"白い縞"は自動運転技術のひとつのキーワードに他ならない。ドイツ政府におかれては、ハンドルから手を離してアウトバーンを滑走するヒュッター氏をイメージ・キャラクターにお薦めしたい。来日公演の折りにはきっと「トーメイ」「ガイカン」なぞ織り込んで呉れるだろう。「中央フリーウェイ」では一寸対向出来ないけれど。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3525-d13d882f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad