コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

5月28日(日) 数は力  -スポーツ - ゴルフ-

h926.jpg  先週は実に四年振りになるピート・ダイ設計、の謳い文句の割には過剰にトリッキーでない上野原方面。
 アプローチは相変わらずもドライバーが終始真っ直ぐ飛んだのに加え3Wも安定し、後半はショート、ミドル、ミドルの三連続パーとは我ながら未曾有の健闘であった。オーラス・ロングの8で惜しくも百は切れなかったものの、順調な仕上がりである。

 そして矢張り間隔を詰めるのが正解なのだろうか。今週はこちらも半年振りになる富里方面。
 実にショート三つを含むパー五つながら百切りギリギリとは如何に出入りの激しいゴルフたるかを物語っているが、同伴の御仁からスイングが綺麗と再三お誉めに預かった。
h927.jpg  確かに端から距離は求めず力を抜くことだけを心掛け、175ヤードの第二打を見事ナイスオンと今日も3Wが炸裂し、アプローチとパットに恵まれなかったにも拘わらずの二桁は実に私らしくない。
 良きゴルフ記念日であった。

 それに付けても宮里藍氏は何故引退という結論に至ったのだろうか。そもそもゴルフとは恐らく凡ゆるプロスポーツの中で最も高齢まで現役を続け得る競技に他ならない。
 74歳までマスターズ50回連続出場したパーマー氏は天井人だとしても、還暦目前の全英オープンのプレイオフで惜しくも破れたトム・ワトソン氏の姿は、年輪を重ねた技が若さ故の力に勝る事例が成立し得ることを示している。
 ただ確かに元トップ・プロが何時の間にかラウンド・レポーターが本業になっている姿を見るのは忍びないものがあるし、自らの全盛期の姿と照らし合わせての美学を貫く為には敢えて「引退」して、緩やかな退潮という選択を断つという心持ちも解らなくはない。ベテラン女性トップ・プロという新たな領域に挑む姿も見てみたかったというのは外野の勝手な願望だったのだろう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3523-6fa4c6f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad