コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

5月16日(火) サンパは旨く揃わない  -政治・経済 - 政治・経済・時事問題-

 新たな囲碁の団体でも設立されたかと思いきや、派閥でない有隣会から分裂した小集団のネーミングだと言うのだからややこしい。わざわざ論語チックな二文字+会を用いたのは派閥らしさを演出するものであろうし、その心はひと時は四派大宏池会構想すら遡上に登りながら、本家を除く三派、更には2+αと縮小されつつなお、飽く迄三派の対等合併の形式用件を揃えて跡目争いを含む今後の人事のあり様に布石を打ちたいという思惑か。
 しかし早ければ七月にも合流が見えているにも拘わらず敢えて一派を構えるとは、恰も政治改革から新進党解党に至る過程において、雨後の筍宜しく現れては消えた新党の如しである。
 元より政党の場合は事の是非は別として、文殊の知恵ではないが五人集まれば交付金という明確な現世利益があるので意図は明瞭であるのに対し、同様の現象が派閥において発生しているのは、まさに二大政党から自民党基盤政党型に回帰した結果、党中党と揶揄された派閥のウェイトが確実に回復している証佐なのだろうか。
 ともあれ派閥全盛期の70年代から脈々と継承された第二世代・五大派閥の一角が初めて消えるのである。小選挙区導入以降、党中央の権限拡大とともに緩やかな弱体化と離合集散を繰り返した第三世代から、派閥は今新たな第四世代の時代を迎えようとしているのかも知れない。

h925.jpg  その文脈で捉えれば、安倍総理がこのタイミングで敢えて「細田派四天王」に言及したのは興味深い。
 勿論、加藤、三塚、森、塩川の「安倍派四天王」に準えているのは明らかだが、何れ訪れる「安倍後」における自派の行く末を占ったものとも言える。
 しかも国会議事堂に居並ぶ銅像の如く四人目を空白にしているのは「民主主義は完成しない」のと同様に「清和会の天下もまた終わらない」との比喩と読むのは些か牽強付会だろうか。
 三羽烏に四天王、奉行は竹下派には七人いたが佐藤派五奉行が本家である。一般論としてかく呼び名は六以上はバリエーションが減るので、吉田十三人衆はそもそも派閥揺籃期であるし、一派閥に集う実力者に七人は矢張り許容範囲を超えていたのかも知れない。

吉田十三人衆益谷秀次、林譲治、池田勇人、佐藤栄作、保利茂、大橋武夫、橋本龍伍、
愛知揆一、福永健司、小坂善太郎、田中角栄、周東英雄、小金義照
佐藤派五奉行保利茂、愛知揆一、田中角栄、橋本登美三郎、松野頼三
大平派三羽烏斎藤邦吉、伊東正義、佐々木義武
竹下派七奉行橋本龍太郎、小渕恵三、小沢一郎、羽田孜、渡部恒三、奥田敬和、梶山静六
安倍派四天王加藤六月、三塚博、森喜朗、塩川正十郎
三賢人灘尾弘吉、椎名悦三郎、前尾繁三郎
御辞儀三人衆(三木派)丹羽兵助、森山欽司、毛利松平

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3521-b6eb0a33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad