コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

5月13日(日) 雨ニハ負ケタ  -スポーツ - ゴルフ-

h916.jpg  前回優勝幹事としてゲストの御仁をお迎えに伺う途上、体調不良にてダウンの一報が入る。確かに雨予報に前途が危ぶまれはしたものの、経路が割愛されたが為に期せずして斥候部隊として先行して現地に向かうこととなったが、続々と脱落のメールが届くではないか。
  ここは撤収も已む無しと思いきや三芳PAに退避すると存外に小振りになっている。そこで未だ行軍を続ける三人にリエゾンして身柄を確保、ひと組に縮小して強行するに至った。
 この時点で上空には明るさが確認され、予報上も昼には曇天とあったので楽観視していたのだが、いざスタートすると益々激しく豪雨の域に達し、空には一層明るさが欠けていく。途上弱まるきらいも垣間見えはしたものの結局最後まで雨脚衰えず、霧も現れ文字通り五里霧中の中、八甲田の倉田大尉宜しく命辛々生還したのであった。
 昼のバイキングがアルコールも飲み放題とは豪奢と思いきや、オーダーの人件費すら削減するのが本意であり、到着時フロントも無人で自らロッカーカードを掴み、上がってクラブも手づから拭いて運ぶという徹底した省人化は、今後のゴルフ場のひとつの生き方を示すものかも知れないが、些か興醒めの北武蔵であった。
h915.jpg  肝心の
新兵器56度ウェッジが上がれば短く時にはトップと芳しからず、後半三階建てになったニアピンをここ一番で獲得し、ロングパットが吸い込まれる幸運にも恵まれて五輪こそ大勝したものの、雨の日は大人しくというのが教訓か。

 昨夜は久々にかのGi!nZ公演を拝聴したが、デモクラシー第三幕だからか、或いは紛糾する国会情勢を反映してなのか、従来以上に主役のひとり舞台色が強かった。
 自身「ピアノも弾けるんだぞ」と言及されている様に、本業はギタリストとの認識でありだからこそカシオペアなのだろう。フュージョンまで至ると些かユニットとしての方向性とは異なる感があるが、ポール・マッカートニー&ウイングス宜しく、器用過ぎるのも悩ましいというところか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3518-35bd8b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad