コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

3月31日(金) 割増しは幾ら  -政治・経済 - 政治・経済・時事問題-

 ジョブ・ディスクリプションの明快で無いわが国企業においては、余程"独自の闘い"の研究職でも無い限り、一人の休暇は周囲の人間への一時的な負荷の増大を意味する。
 元より携帯電話や電子メールの常態化により、たとえ休日であってもテレワークの世界は成立するから時間管理の現実との解離が顕わになっているとはいえ、逆にだからこそ祝日を増やして「赤信号、みんなで渡れば」ではないが、世の中一斉の休業を促進するのがわが国らしい手法と言えよう。
 そこに第三次産業の労働強化の危惧を読み取るか、それ故に尚一層の生産性の向上が必要と受け止めるかは表裏一体である。勿論、サービスを享受する側も15時に戦線離脱したとして早々に宴席を設ける展開には及ばなかろうから、総理の様に座禅も組めないとあらば、結局は早々に帰着して運が悪ければメールの対応に追われるのが関の山かも知れない。
h868.jpg  しかも間の悪いことに年度末に直撃し、第二回にして早くも実効性の危ぶまれるプレミアム・フライデーであった。結局、父の退院で今度は夫婦で名古屋遠征となったため、別の意味で大いに個人消費の拡大には貢献したのだが。

 昨日は販売店にて大幅な架装を施した自動車二台を奉納、修祓式に日枝神社を訪れる。永田町が職場の様なものだから折りに触れて足を運んではいるものの、昇殿するのは実に公資の御宮参り以来で厳かな心持ちに襲われる。
 しかもお祓いを終えるとセンチュリーが待機しており、期せずして元衆院議長の御仁にも遭遇して仕舞ったではないか。現役時代、上京中は必ず日に一度参拝されていたとは伺っていたものの、程無く卒寿を迎えられる今も足取りは全く乱れていない。
 神社で大神官猊下に拝謁して更に霊幻あらたかな発車オーライ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3501-fcecdfce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad