コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

3月1日(水) 奴は相撲だ  -ヘルス・ダイエット - 健康-

h840.jpg  月を跨いでの健康診断に市ヶ谷の保健会館を訪れると、保険料で賄われているのかは定かで無いが見事にリニューアルされているではないか。
 元より四年に一度のオリンピック仕様「節目検診」なので伏し目がちになることも無く堂々たる業務扱いだが、前半戦は眼球が風に晒される程度で会社内の診療室と大差無い。わざわざ前夜の宴席も21時を過ぎてからはアルコールも一応は控えつつも、結果的には昨年秋のカメラで胃も大腸も原則無罪放免なのでバリウムは免責、僅かに超音波とCTが物珍しい程度だから、これでひと安心とは到底言えまい。
 些か贅沢に多数誂えられた個室に押し込まれ、矢鱈と饒舌なインストラクター氏に自転車を漕がされ、医師の説諭の繰り返しばかりの保健師のご指導を賜るのは実に苦痛だった。学ぶことは本意だが教えられる行為を嫌悪する性癖にとって、左翼的な響きと受け止めるのは過剰反応としても午後の「学習」を意図的にパスしたのはどう見ても正解だったろう。
 そもそも立ち尽くす事務員ばかり溢れ、その割りに検診自体はスムースに流れるので豊富な待機時間はロハのスープばかり飲んでいたが、腹囲と内臓脂肪の着実な増加という予想通りの結果を経てなお、食生活を変革しようなぞ微塵も意欲が湧いてこない捻りの無さでは、健康増進法の制定趣旨が危ぶまれよう。夜改めて牛の胃袋を賞味したのは反動ではないのだが。
h841.jpg  院内の効果音が妙にテクノで、確かに無機質なベルやブザーよりは病人には優しく響こう配慮だろうが、脳内からクラフトワークの「ロボット」の調べが離れなくなった。  「電卓」は現に日本語版が存在するが、「ロボット」はロシア語部分が「奴は相撲だ、奴はロボット」と空耳に聴こえる。勿論、肥り気味を暗示している訳では無かろうが、深層心理に訴えて潜在意識下の太っちょたる自覚に「ロボット」の歌詞を導き出させたのだとしたら、深謀の極みなのだが。

 昨年、軍人さんの階級が上がって最も実利的なメリットは、社外に許可なくメールを送れる様になったことだった。あにはからんやこの度上官への同報こそ強要されまいが、所定のサーバーにアクセスしない限り留保されるシステムに改悪されて仕舞った。
 取り分け携帯電話からだと逐一自らのアカウントとパスワードを入力しなければならないから、余りに面倒でわざわざ会社に戻って送信する無駄な行動パターンに靡きかねない。
 元より情報漏洩には某省に限らず細心の注意を払うべきだろうが、関係者の自由な往来の拒絶が逆に情報の授受自体を少なからしめるのと同時に、そもそも外部との接触が圧倒的に稀少な部局の発想としか思い難い。詰まるところ重用な話しは個人携帯にという本末転倒がより促進されるだけではないのか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3490-7eaf0412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad