コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

2月5日(日) 砂遊びは如何  -スポーツ - ゴルフ-

h817.jpg  都心のゴルフ練習場が暫減傾向にあるのがゴルフ人口そのものの低迷に帰因するのは疑い無い。中でもバンカーとなると希少極まり無いが、そもそも長物も未だままならぬにも拘わらず性懲りも無く再び砂の嵐を求めて足を伸ばす。
 しかし初御目見えのイトーゴルフガーデンは、打ちっ放しこそ冬場の低い太陽光をまともに受けて弾道を追えないきらいあれ、恰も箱庭の如く広大なアプローチ練習場は白眉であったろう。
h818.jpg
h819.jpg
 詰まるところ極端に腕力に劣る自らにはエクスプロージョンを意図しても砂の勢いに負けて球の下を潜らない。従って寧ろハンドファーストでクリーンに当てる方が望ましいのではないかという発見、或いは改めて天然芝でアプローチを繰り返してみてマットでのそれとの違いを痛感したりと、実に有意義な昨日であった。
 而して本日は来週に向け息子達と連れ立って再戦見込みだったが、祐旭が俄かに発熱に見舞われ公資と二人旅、今度は外環道工事の進捗で複雑化する道路形状を間近に拝む武蔵グランドゴルフとは久々である。
 ただこちらにもバンカーは存在するものの、矢張り砂と網だけの鶏小屋状態では今ひとつ臨場感に欠けると言わざるを得ないが、それだけイトーゴルフの特異性が際立っている証したろう。元よりかく打ち込んでなおスコアに繋がるや否やは全くの不分明には違いないのだが。

h820.jpg  その足で昼は嘗て祐旭が三十数貫平らげた逸話のあるはま寿司だが、同じ解凍スライス穴子でも以前食したくら寿司より随分と美味に感じられたのは、時の経過に伴う回転寿司総体としての進化の賜物なのか。
 タッチパネル方式でのオーダーが「ご注文品」の台座に乗って現れるとは、わが国なかりせば後入れ先取り方式が成立して仕舞いそうなところ、性善説に基づく秩序が確立されている。
 そして驚く程に安価である。侮れない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3482-e04917e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad