コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

1月29日(日) 新しい芝刈りを  -スポーツ - ゴルフ-

h827.jpg  前回初見参の無欲の好調に刺激された訳でも無いのだが、折角の社用族の身の上ならば会員紹介扱いにてプレイ出来る、にも関わらず日常的に社業としては殆ど見向きもされないゴルフ場を、あわよくば発掘さもなくば品定めして篩に掛けるようかと八王子の古風なクラブハウスへと赴く。
 ドライバーはそれなりに安定して前へ前へとバックしなかったが、恐らく創立時はコース周辺に建造物が立ち並んではいなかったろうものの、今や市街地に程近く距離の短い分、バンカー幾多グリーンには微妙なうねりと打数が嵩んでいくのも道理かも知れまい。
 そもそも起伏に富み平坦なホールが僅かだからこそ、存外に第二打以降も奮わなかったのは宜なるかなであろう。
 ただ詰まるところ四ホール目のロングで見事スリーオンと思いきや奥のバンカーまで転がって暗転と、手前から攻めるの鉄則に反したのみならず、ロングとショートで稼ぐべく皮算用が崩れた心理的ダメージが大きく作用したのは否めまい。
 驚いたのは幾ら冬場とはいえ風呂が改装中だったことで、幸いごみ焼却場の見返り施設と思われる近隣の戸吹ゆったり館にご案内されたが、結論としては風呂が治ったらもう一度くらい挑んでみたい、と日記には書いても位の所感か。

h812.jpg  京樽系列の三崎港は店舗に依っては職人が目の前で握って呉れる、開店寿司としては中の上クラスに位置していよう。しかし今日はどうも客の回転が遅いのではと思ったら、通常少なくとも二名以上の職人氏が陣取るところ、何とナポレオンも吃驚のひとり立ちである。
 憐れ若き職人氏は注文を受けては手づから握りつつ、バックヤードには「お時間戴きました」と客に猶予を得たと添えて腰低くオーダーし、更に各席に「注文漏れはありませんか」と平身低頭しているが、カウンター20席に三テーブル全て賄うのは聖徳太子でも難関だろう。
 恐らくは偶々欠員が生じたのだろうが、ならば最初からパネルタッチ、オールバックヤード方式の方が、とくに「穴子十貫」等と特異な注文を乱発するわが家には相応しかろうと思っても、矢張り人が立ってる有り難みもあったりして。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3479-5e9f1ca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad