コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

1月22日(日) 大関に叶う  -スポーツ - ゴルフ-

h810.jpg  寒さも程々の中、前半はボギー・ペースでスタートし久々に同伴した政府高官氏から「こんなにお上手でしたか」と誉められる始末。ラスト三ホールでトリプルを二つ叩きながらも48は上出来に極まり無かろう。
 しかしながら幸い運転義務からも逃れたからと周囲の期待通り昼食時に日本酒を煽り、かつ折からの強風に見舞われた後半はいきなりの連続トリプルに気力も萎えそうになる。が前半もトリプル二つで50を切ったのだからと気を取り直しつつ、現実にはかく急回復は難しいかろうと諦観しつつ、14番ロングでミドルパットを沈めてボギーを拾ったのは明らかに回復基調の先行指標であったろう。
 実に15番からのミドル、ショート、ロングを三連続パー、しかも何れもパーオン2パットとは神憑り的展開に他ならない。常々言われることだが「ゴルフはメンタルのスポーツ」を初めて心から実感したと言えよう。
 結果は水平賞の96。勿論、距離の短さに助けられたのは否めないが、ドライバーの安定とともに、上げてザックリ、転がしてトップは必ずしも払拭出来ていないものの左手主導のアプローチが少し体得出来たのが奏功していよう。ただ考えてみればキャディーなし、初見のラウンドでパッティングの妙を発揮出来たのだから、そもそもグリーンが簡易だったのかも知れない。
 風邪を圧して強行出場した甲斐があったというもの。その代償は翌週前半のお仕事に少しばかり支障を来したが。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3476-7d5769d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad