コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

12月31日(土) 山へきたのさ ヤー  -音楽 - J−POP-

h792.jpg  賀状地獄から抜け出し30日15時にわが家をセコムに委ねるも結局18時前の、越後湯沢止まり「たにがわ」のグリーンにしかあり付けないとは些か上越新幹線を甘く見過ぎたか。或いはカレンダ配置から年末年始の短い連休故に移動も集中したのだろうか。辿り着いた雪の湯沢は父にとって二年振りである。
 とはいえスキーは四年前を以て自主的に卒業しているので、明けてリフト一回券で岩原の中腹まで登り、妻子を見送りゲレンデのカフェテラスならぬスノウマンに陣取ってファミリー仕様のポテトボックスを独り平らげる。持続されない集中力が自動的に補われるべくウルトラと音楽と交互に読書を挟んだお陰で、単調な賀状のコメント添えも珍しく捗り、年内投函の目処が見えてきた大晦日だった。
h793.jpg  プロ野球と映画界、政治と都市変遷など評論稼業の分野相互の結び付きから知識を敷衍していくのは私の常套手段だが、ウインタースポーツとの御縁はあるまいと高を括っていたら、マン30話「まぼろしの雪山」のロケ地が今は亡き程近くのTBS丸山スキー場との記述を発見する。ここ岩原にもスノボーも盛んな大衆ファミリー向けスキー場として命脈を保ってはいるものの、加山雄三氏のゲレンデとともに若者文化の最前線を担った栄光の時代があったのだ。

 昨夜は到着して温泉で身体を温めレコード大賞、本日は紅白と例年通りの展開だが、些か作業疲労か身体の節々に痛みを覚え、年越しの数時間前にダウンした。
h794.jpg  ただ事後の録画鑑賞を含め本年の歌謡新曲を初めて通聴して、ABCDに留まらぬ程に複雑化した曲構成の一方にラップをはじめ旋律の平板化という振幅を経て、単純なコード進行とメロディに回帰した結果、ヒット曲の大半がフォークの如くに響く皮肉に気付く。
 そもそも"レコード"大賞がYouTube再生回数を指標に用いている時点で自家撞着だが、強引に纏めればオーケストラでも第九でも如何様にアレンジ出来るピコ太郎もまた、確かに舞台映えするという意味では稀少に違いないが、楽曲としては単純化の極みと言えよう。
 旋律の美しさよりも唄い易さ、躍り易さに歌声喫茶的な均一性が優先されるのも、対価が著しく希薄になった音楽の経済的価値の低下に一因を求め得るならば、恰も縮小均衡の一環の如くあるのは少々寂しい。
 芸能は見目のみならず歌謡そのものもゴージャスであって欲しい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3468-708aeaa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad