コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

12月22日(木) 年の瀬に龍は登る

h778.jpg  年末の恒例行事と言えばカレンダ配りだが、現体制になり二廻り目とあらば各人相応に馴染みの相手先も増え、集中日に一気呵成箱詰め持ち込んで事務的に配布するスタイルから、適宜訪問に則して顔見せ興業に準ずる方式に改められた。
 ただ必然的に永田町稼業の長い者が落ち穂拾いも兼ねることになるから、大きな袋を抱えて練り歩いていると憐憫の眼差しに捉えられるケースも少なくなく、だからと言って一箇所に腰を据えていては到底完遂は臨めないので、結局は独り廊下鳶とは寂寥感に溢れよう。
 ただ時には昨日の如くゆるゆると回遊しようかとの思惑が外れ、呼ばれたり説明したりと案件が増大した結果、参院から衆の第一・第二と絶妙の導線にてアポが並び、無聊を託つ暇がほぼ皆無だったのにはオーラスを前に我ながら自画自賛であった。
 今日に至り遂に終着駅が見えてきて余裕も生じ、幾許かはアクセントも欲しかろうと場所柄政治的にも著名な麹町の中華料理店にて昼食を挟む。何時も担々麺ばかりだったが麻婆豆腐も美味であった。
 財政難の折りか年々簡略化される予算折衝も概ね本日まで、永田町にも年末モードがやって来る。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3465-2d4f3f76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad