コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

12月6日(火) 二次会は踊る  -グルメ - お店紹介-

h763.jpg h764.jpg
h765.jpg h766.jpg
 夜の商売なので忘年会シーズンを迎えても飛躍的に宴席が立て込む訳では無いものの、このところ女性をターゲットとした飲み会と言うと聞えが悪いが異性に囲まれる、見様に依っては麗らかな機会が増え、自らセッティングするとなるとどうしても馴染みの肉料理に傾きがちなところ、必然的に中華やらイタリアンやら食のバラエティが富んで来る。
 とはいえ交際費の非課税枠拡大と反比例して、総じて低成長下の世の流れとして二次会まで足を伸ばす機会は滅多に訪れない、と言うよりは馬齢を重ねた体力の衰えもあろう、常日頃7時台から稼働する身の上には可能な限り回避せざるを得ないと評するのが正しかろう。
 にも拘わらず本日は赤坂見附駅近辺の謎の店舗に誘われると、狭い空間に相応に妙齢な人々が立ち尽くしている。最盛期が学生時代だったのでバブルを謳歌したとは言い難いが、ディスコがクラブへと切り替わる時期に当たり、世代的にはそれなりに踊っていても可笑しくはない。
 実際には地味な学生だったので華々しくお立ち台に登る様な経験には乏しいのだが、寧ろバブル崩壊後の友人の御成婚二次会「お面舞踏会」等で70年代ソウル・ミュージックに慣れ親しんだが為に実体験の時勢は微妙に食い違ってはいるものの、音楽として懐かしいのは事実だし、激しく体力を消費する訳でも無い。
 高級官吏と会議は踊る、ではないのだが終電前まで踊り続けることになるとは予想だにしなかったが。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3458-98edc08d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad