コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

10月30日(日) 素敵なバーディ  -スポーツ - ゴルフ-

h731.jpg  急速に寒くなり雨のスタートも程無く上がり、四ホール目のショートで寄せワンを拾い覚醒、続くロングでは第四打アプローチをピンそばに付け連続パーの快進撃が訪れる。
 冒頭のダブルパーに鑑みればインの50は御の字だったが、アウトに回れば実に冒頭から六連続ボギーとは出来杉君も吃驚、取り分けミドルパットがズバズバ入り、惜しくも穴を嘗める光景も屡々とは広島東洋並みの神憑りである。
 七番ダボ、八番トリと来て崩れるかと思いきやオーラスでは138ヤードをベタピンのバーディ、二階建てのニアピンも制しての96は15ヵ月予算ならぬ15ヵ月振り、久々待望の百切りである。
 このところ懸案だったドライバーも真っ直ぐと引っ掛けが半ばする程度に回復し、アプローチもミス少なく、直ドラを披露された歴戦の御仁に触発された訳ではないが、林からの脱出劇に球が上がらないよう敢えてウッドを用いる技も覚え、カメリアヒルズ白ティーからの距離の短さに助けられたのは事実としても、怒濤のゴルフ月間を前に快調な発進ではないか。

 三笠宮崇仁親王殿下がご薨去された。東久邇元総理らの例はあるが、皇族として生涯を送られた中では、神話時代を除き最高齢とは天寿を全うされたには違いない。
 ただ三人の親王殿下を何れも跡継ぎなく先に喪ったことは心中を察するなど畏れ多いが痛恨であられたろう。
 謹んで哀悼の意を表します。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3445-1baba1ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad