コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

6月30日(木) 真夏の西高東低  -地域情報 - 福島県-

h550.jpg  ボウリングを挟んでの陸奥シリーズ、昨日は今月二度目の宮城から盛岡へと更に北上する。
 遠征の数少ない醍醐味は名物料理であり、今日も僅かな合間を縫って冷麺を所望したところ、名高いぴょんぴょん舎は観光地仕様と否決され、運転手氏のお説に従い盛楼閣にやって来た。いきなりスイカの泳ぐ絵柄に幾分気圧されたものの、いざ箸を付けると成る程美味ではないか。
 しかも混雑のなか早々に辞去したおかげで午後の行程までの途路、石割桜に御目に掛かる。元より花は咲いてはいないが、花崗岩を切り裂いて現れた樹木の強靭さが如実に示されている。
h549.jpg  自主的に観光タクシーに変じた運転改めガイド氏は「盛岡唯一の見処」と自虐的だったが、プチ観光にはお手頃だったか。

 翻って本日は福島、流石に会津まで遠征するに及ばず、僅かに昼食は喜多方ラーメンに預かり確かに叉焼は美味だったが、厳密には本場とは言い難かろう。
 都市と在郷との別に乏しく小集落が連なるわが国においては、全国津々浦々に名所旧跡が配備されているが如き錯覚に陥るが、実際には明治以降に人為的に編み出された集落にあらずとも経済圏に特化、と言えば美しいが名所旧跡に乏しい地方都市も少なくない。
h551.jpg  実際、福島もまた郡山もそうだったのだが、更に田村市の工業団地まで足を伸ばしたのは貴重な見分だったろう。正直なところむつ小川原や苫小牧の惨状を脳裏に描いていたが、拡張予定地こそあれ大半は売約済みで今更ながらとはいえ最後発で第二次産業の波が訪れている東北地方の一端を垣間見る感があった。
 だからこそ余計に直接の被害こそ甚大では無くとも、震災後に増築された部分のみ建屋上に敷き詰められたソーラーパネルが、経済合理性とは全く異なる意味での震災の傷痕を強く想起させた。
 農業改革の影響ばかりが喧伝されているが、東北だけが全国と全く異なる様相の選挙戦を繰り広げているその理由を、我々も冷静に検証しなければなるまい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3394-b5168aa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad