コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

6月6日(月) 未来への旅路  -地域情報 - 福岡-

h526.jpg  ダブル選挙が回避されてほっと一息ではあるものの、少なからずプチ全国行脚の号砲が鳴る。衆院選に現行制度が導入され既に20年、保守系無所属候補の闖入も概ね淘汰され、すっかり小選挙区に慣れて仕舞った身の上には、非都市部の大半が一人区と化し与野党一騎討ちの、政権選択にも似た図式が増す構造は、カーボンコピー論に反駁すべき参議院には本来非親和的であったとしても、違和感なく受け入れられるものであったろう。
h524.jpg  だからこそ逆に、取り分け増員する大都市を中心に、与党の複数候補という現出した図式は今更の様に新鮮であり、慣れ親しんだ絵柄とは異なる配慮の行き届いた対応を擁しよう。

 然して今回もまた福岡にやって来た。2005年の三泊四日を皮切りに今般同趣旨が過去四度、水素をはじめ視察が五回、芝刈りが三ラウンド、前職の記者対応時代にも四回は訪れているが、パワーディナー、パワーブレックファストを挟んでの一泊十数時間の慌ただしい滞在では、到底中洲に繰り出す様な気力は湧き上がらない。
h525.jpg  それでも河豚は変わらず美味であり、そもそも空港から20分程度で市街に到着するコンパクト・シティの小回りの良さを今般もまた堪能したのである。
 新たなる発見としては、ホテルに鎮座する燃料電池車・MIRAIの存在だろう。日鐵の系譜を引く北九州の水素への親近感の高さからも福岡は水素先進県の地位を不動にしているが、諸事情から全国に先駆けてタクシー利用が配備されている。
 だからと言ってホテル張り付きでは勿体無いし広告塔としてはひっそり佇み過ぎとはいえ、黒塗りが異彩を放っていた。 夕刻には会社に帰着する。旅はまだ第一歩を刻んだに過ぎない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3385-ef075aed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad