コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

5月30日(月) 権力と建築  -政治・経済 - 政治・経済・時事問題-

h513.jpg  今月は実に六度目、中学高校期に前後八年の長きと企業人と化して半年弱、幽閉されていた時期を除けば空前の愛知県詣でである。
 未だ嘗て新幹線を乗り越した経験は無いが、朝方になる往路は貧乏性もあろう健やかな睡魔は訪れ難いので、必然的に読書が進むことになる。

 政治については評論家業のみならず周辺居住者としての本業に他ならないが、前者においても職業野球をはじめ対象領域が多岐に亘る為、例えば河野一郎氏や岸信介氏の大物支援者であった大映のラッパこと永田雅一氏のオリオンズ・オーナーとしての栄光と挫折など、複数分野に跨がる足跡を追うのは知的好奇心が多方面に刺激されて非常に興味深い。
h420.jpg  中でも政治と都市変遷を結ぶものとしては御厨貴氏の「権力の館を歩く」が稀有な例だが、その系譜を引く同じ御厨氏編の「建築と権力のダイナミズム」もまた労作であった。
 霞ヶ関の変遷や議事堂の構造、また直接には都市そのものでは無いものの警視総監と消防総監を巡る旧内務省内の角逐など、加齢に伴う集中力の減退から数冊を抱えて交互に読み進めるのが通り相場になっている昨今、分厚い論文にも拘わらず帰路も眠ること無く一挙に読破して仕舞った。
 権力が「館」や「土地」に依居する要素が色濃くあったからこそ、些かの論理の飛躍を恐れず述べれば旧建設省は旧内務省にあり、携帯電話をはじめとするコミュニケーション手段の発展とともに意思疏通が個人化され同時に場所に由来しなくなった現代において、建設は運輸とともに省庁再編の初期構想に倣えば「国土開発」に組み入れられ、権力と館との切り離しが名実ともに明らかにされたとも言えよう。
 こちらは文字通りの貧乏性だが3000円超の書籍故に見送っていたにも拘わらず、ブックオフのネット版で巡り会えたのは幸便であった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3381-36a50705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad