コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

5月29日(日) あしたのために その1  -育児 - パパ育児日記。-

h517.jpg  食のメニューが限られる割には所謂ファミレスを忌避するのは余計なスノビズムかも知れないが、今日は昼から神戸屋キッチンである。パンのバイキングという小道具も然り、そこはかとなきハイソさが漂うのは同じ杉並でも浜田山という土地柄にも帰因しよう。
 幸いなことにこちらも今月から杉並ナンバーであり気後れは無用である。

h515.jpg  元より高尚さを演出した訳では無く、お目当てはハイランドセンター、先月は懐旧宜しくすぎ丸経由だったが、車ならわが家からスープの覚めないならぬ公資の酔わない距離である。 この一等地に日頃は半ば遊休地風情のショートコースまで構えている時点で、都心の練習場がひとつまたひとつとマンションに化けていくなか相当に優雅だが、レッスンプロが常備されているのも高級住宅街仕様に相応しい。
 久々にレッスン対応の短い右翼側打席に居を据えて一家四人で打ちっ放しに興じていると、程無くして人の良さそうなプロ氏が現れた。ひと昔前は自動車運転教習所とまでは言わないものの、一見客には如何にも面倒臭気な物腰を隠さない輩も少なく無かったが、客商売として正しい方向性であろう。
h516.jpg  握り方に始まり体幹を左右に揺らすこと無く身体を回転させるのは、俄かに腰痛持ちになりつつある祐旭には幾分苦行だったかも知れないが、眼から鱗ほどに打球の勢いが増す様な魔法にはあらずとも、僅か20分でも基礎から学んだのは無駄ではあるまい。
 ドイツ村の延長線上とばかりにアプローチでの玉入れ合戦に勢を出していた父にも、改めて勉強になるひとコマであった。
 雰囲気に飲まれたか、気が大きくなって帰路には中古のウッドも買い与えて仕舞ったが、折りを見てレッスンを受ければ高校に上がる時分にはゴルフ部を視野に入れることも満更無謀な試みにはならないのではないか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3380-c0866dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad