コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

5月26日(木) 嵐の前の食欲  -グルメ - 激辛グルメ-

h504.jpg  世相の複雑化に伴い新たな病名が「発掘」されることがあるが、逆流性食道炎もそのひとつではないだろうか。消化を促す胃酸が空腹時に食道下部に働き掛け炎症を齊す事象で、従来なら単に胃酸過多とされていたものがガストロームの処方により劇的に解消されることから敢えて新たな病名として独立させたのであろう。
 元よりそれは対症療法に過ぎないが、文字通り喉元を過ぎればで痛みが緩和されれば放置し、再び悪化しても市販のガスター10では効果が小さく医療費の拡大に寄与せざるを得ないのが味噌である。
 このところ久々に症例激しく、にも拘わらず陳麻婆を昼に食す事態に直面するとは自らの読みの浅薄さを憂えざるを得まい。キャピトル東急の休業時には伝統の星ヶ岡が仮営業していた赤坂東急プラザに後継として納まった中華を一度賞味したかったのだから自業自得だが、四川飯店のそれより明らかに強烈な辛味にも拘わらず、食道並びに胃から消化物が消え去った後になお著しい痛みを覚えることが無かったのは気の置けない会食だったが為か。逆に言えば自覚の有無を問わず食道がストレス感知器として機能しているのかも知れない。

h505.jpg  食道楽の如しだが夜は日頃馴染み過ぎた赤坂界隈を離れて外苑にて伊太利料理と洒落込んだ。妙に客数が少なくわが国景気の先行き見通しが憂えられそうだが、その分ギャルソンを独占出来て優雅である。実際には女性かつフランス料理ではないのでカメリエーラと呼称するのが正しいらしい。
 前菜が多くて驚いたが替わりにパスタと肉は少な目でこちらも優雅な構え。牛の胃袋が美味であった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3378-0af80546
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad