コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

5月15日(日) 良い仕事  -育児 - パパ育児日記。-

h491.jpg  都合四度もキッザニアに通い、挙げ句亜流のカンドゥすら制覇した父にしてみれば三月によみうりランドに御目見えした「グッジョバ」は垂涎の的だったが、流石に中学生には子供騙しかと手控えていたところ、先週遂に到来した新車の家族初乗り先として浮上したのは幸便であったろう。
 昨今の社会科見学ブームを反映して前二者のお仕事体験に対し「ものづくり」をコンセプトに掲げているとあらば、第二次産業従事者としても視察必須に違いない。
h494.jpg  ただ些か朝一番に出遅れた為、自動車工場も小一時間の行列を費やして漸く車両検査・試験走行のカスタムガレージに肖る始末で、文房具擬きの遊具でお茶を濁しつつ、焼きそばUFOまでの待ち時間に一旦別棟まで待避して昼食を挟み丘の湯に身を浸す展開は、既に子供達の読み通りであった。
 眼前に聳える割りにアクセスに難儀した観覧車を見送った為、なお生じた余剰時間は存外に空いていた路面第三軌条型ながら電気自動車に費やしたが、流石にスリーダイヤを買い叩く外資系企業らしい意匠である。
 残念ながら巨大なやかんからお湯を浴びるUFOキャッチャーならぬコースターは大混雑で到底見送らざるを得なかったが、横浜のカップヌードル・ミュージアムの焼きそば仕様に番号札であり付き、オリジナル絵柄・具材のUFOニ箇を抱えて申し訳程度にランド本体を眺め、お開きとした。
h492.jpg  整理券方式とソビエト式行列とが混在し、かつ前者もキッザニアの如く厳密な時間差管理が為されていないので、開場間も無く須く予約発券して仕舞えば文房具と服飾の体験学習も賞味出来たことに後から気付いたが、不可解なのはジャイアンツ球場によみうりゴルフが隣接するにも拘わらずランドには球技との相乗効果を図る意図が全く欠落しており、今般の改装に当たっても何等の配慮は見受けられなかった。
 それは西武球場と西武園の如く双方に跨がる観光という概念が存在し得ないが故かも知れないが、詰まるところスポーツとものづくりの直接の親和性の低さに起因し、だからこそ構造不況期を経て第二次産業を主体とする企業スポーツもまた衰退の波に見舞われた、との結論を導くのは些かの飛躍を介在させ過ぎだろうか。

h499.jpg  わが家の車庫には幾分過長で玄関を半ば占拠するプリウスを選択したのは似非環境派を気取る意図には基づかない。
 勿論、公資が「父の運転にも拘わらず揺れが少ない」と看破した様に、ハイブリット故の静粛・安定性とともにランニングコストの低廉たる実利の追求も大きな要因には違いない。
 しかしながら最たるは最新の安全運転機能を実地で見聞すべく道路族の端くれとしての先物買の思惑が沸々と湧き上がったからに他ならず、だからこそ中央フリーウェイを跋扈して稲城まで疾走したのだが、結論から言えば白線検知は確かに機能していたもののクルーズコントロールの進化版はディーラー氏の解説を御座なりに聞き流した報いか、動作にすら至らなかった。
 ただ少なくとも多彩なボタン配置は、自動車が優れて電子制御品と化しつつある事実を如実に示しており、老練なドライバーには不評かも知れないものの幼少からゲーム機に接してきた世代には、寧ろ自動車離れを回避する新たなキラーコンテンツたり得る可能性を予感させる「良い仕事」ではないか。安全運転そのものに資するか否かとは些か次元を異にする感想ではあろうが。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3375-af8b025e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad