コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

4月29日(祝) 昭和の万華鏡  -育児 - パパ育児日記。-

h467.jpg  平日が混在し、しかも土曜半ドンの私立中学生を抱える家庭には多分に中途半端な黄金週間初日は久々の父子三人旅を目論んだが、既存の子供と御出掛けスポットを網羅したのみならず中学生と幾分ひねた小四生に見合う体力勝負の運動モノには父のエネルギーが及ばず、結果として先月に続いての風呂、二度目の浦安万華鏡にやって来た。
 初陣の際、園児だった公資に記憶は無かろうと踏んでいたが、開口一番「コナンの処に似てる」と喝破され、事実水着ゾーンに点在する名探偵コナンに纏わる謎解きを紐解いていったのが四年前だから相当に印象深かったのだろう。寧ろ祐旭の方が物珍し気であった。
h468.jpg  男女混合が足湯だけのお台場は大江戸温泉物語本体に比べて撮影可の水着ゾーンが相応に拡く、基本構想の相違が認められるのは、福田組から経営移管された経緯に由来するのかも知れないが、電車が遅れる程の強風に依る風呂との寒暖差には多分に悩まされたものの、黄金週間が疑われる程の隙き具合が良い案配で、コストパフォーマンスに優れているのは疑い無い。
 反面、周囲はだだっ広い埋立地ばかりで他の遊興性に欠けるものの、未だ新自家用車は到来せず往路は無謀にも浦安駅から徒歩行軍を試み、何故か千葉の旧家を拝察した後、敢え無くタクシーに身を窶したわが方には支障なく、そもそも一日複数スポットを目途とした頃の持久力が喪われている父にも好都合だった。大量のマンションに囲まれながら駅前に椰子の木が並ぶリゾート仕様の新浦安駅の奇特な光景を帰路のバスから拝察するに、多分にコンセプト倒れに落ち着いている万華鏡の前途は幾分危ぶまれたが。

h469.jpg  「竜宮城」で卓球熱が高まったのは運動不足のわが子には幸便だったが、近場の練習場に通うに留まらず卓球台がわが家に現れるとは驚きであった。
 折り畳み式で本物の縦横とも概ね半分のミニチュアとはいえ、二人分が数珠繋ぎの子供部屋に漸く収まる程の存在感を発揮している。当然面積は四分の一だからスナップを掛ける様にダウンスイングで打ち込まなければコート内に収まらないのが却って基礎練習には持ってこいだが、技量に乏しい初心者では上に到底ラリーには及ばず途切れ途切れ、サーブとリターンの応酬である。
 大陸もピンポン外交が騒がれた時分には可愛気もあったのかも知れないが、わが家のピンポン内政や如何に。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3367-deeed8fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad