コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

3月30日(水) 花は桜木  -スポーツ - 大相撲-

h441.jpg  理事復辟を目指した元横綱・千代の富士の九重親方が断念に追い込まれたことにより、先月の理事選自体は泰山は鳴動しなかったが、社団法人改革により公的な理事選任手続きまでにタイムラグが齊され、結果として理事長選がよりクローズアップされる形になったのは、我こそはと名乗りを挙げた両者に如何なる影響を残しただろうか。
 新たな焦点となった評議員制度、或いは史上初めて一門から四理事を輩出した出羽勢が北の湖理事長の遺志を次いで貴乃花親方に与するのではないか等と様々な憶測が流れたが、蓋を飽けてみれば元横綱・北勝海の八角理事長の六対二の続投とこちらは鼠一匹も現れなかった。
h443.jpg  ただだからと言って巡業部長は格式からすればナンバー3には違いなく反主流派を閑職にとの報道は些か穿ち過ぎではなかろうか。何が貴乃花親方をかく駆り立てているのかは定かでないけれど、散り際はまずまず潔かったと言えようか。

 グランドパレスと言えば故・伊東一雄氏の独特の発声とともにあったプロ野球・ドラフト会議の会場というのも既に昭和の時代の物語である。
h442.jpg  年々早まる開花時期を見込んでこの日に宴席を設営したのは正解だったが、年に随一の書き入れ時にも拘わらず特段繁盛している様に見受けられないのは、穴場としては有り難いものの他人事ながら経営が心配になって来る。
 金さんの如くひと肌脱いでとの義侠心からでは毛頭無いものの、二次会も23階に登って売上に貢献してみたが、隣国の金さんが22階から連れ去られた歴史的事実も更に忘却の彼方であろう。尤もこちらはホテル側は忘れてしまいたい夢想花だろうが。
 残念ながら公人の肩書きは無いので私人としてになるが、会の前後には靖国神社に花見がてら手を合わす。なお冬休みの湯沢を訪れている妻子も暖冬のおかげで雪に事欠き、結局ガーラに闖入したらしい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3356-080a62e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad