コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

2月20日(土) 体格の限界  -育児 - パパ育児日記。-

h391.jpg h392.jpg
 弟は兄の背中を見て育つのだろう、既に三年初から自然とSAPIXに通い、全国八位の表彰状に預かった公資も、参画者が急増する四年からは中野通いが週二回に拡大され、本格的な受験モードに突入する。
 加えてゆとり教育からの揺り戻しの余波は益々著しく、三年前の祐旭に比しても宿題量はなお増大しているとあらば、受験勉強の垢を落とすばかりか一挙に怠惰を貪る兄と立場が完全に逆転した公資も、これも兄の往時と同じく公文式、プールとともに愈々蹴球も引退の決断を迫られよう。
h393.jpg  比較的拘束の緩い杉並フットボール・クラブとはいえ、こちらも四年時となれば平日練習を欠かさぬ精鋭にあらねば試合出場もままならなくなる。元より競技そのものより友人との寄合に参加意義を見い出していた公資だからSAPIXとのトレードオフに見舞われるのは規定路線だったろうが、本人が「成績で体重を補ってる」と豪語するもうひとつのトレードオフは、定常的な運動を欠くことにより最早SAPIXで金メダルを獲得してもお釣りが出ない事態に至らないかと懸念される。
 ともあれ引退試合は淡々と、華やかなセレモニーも無くバックスとして僅かにボールに痕跡を残して、ラウンドを後にするのであった。父の蹴球音痴はこれにて更に加速が掛かろう。

 幸寿司で改めて祐旭の合格を讃える。蟹から始まるコースも立派だったが、今日は単品頼んだ穴子が炙り過ぎず垂れ多めで美味であった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3339-d71615fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad