コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

1月30日(土) 禁門の変  -グルメ - 美味しいもの-

h369.jpg  甚だしき偏食たる私が貝好きであるのは寧ろ奇異な印象すらあろう。九十九里か房総なのか記憶も定かでないが、幼少時に食した焼き蛤が後年に至るまで味覚を支配したのだろうか。味噌汁も今もなお若布に豆腐よりも浅蜊であり、恐らくはわが家のエンゲル浅蜊係数はわが国有数の地位を占めていよう。
 祐旭の受験戦争も愈々大詰め、今週後半からは体調管理の観点から学校は有休としたが、ここに至りじたばたしてもと仲通り商店街に新規開店した「貝せん」へと一家で訪れたのは父の嗜好に他ならない。とはいえ病癒えたパラオにて挑戦して貝に慣れた祐旭もまた帆立の刺身を再三注文している。
h370.jpg  焼き貝セットに酒蒸し、貝焼売、貝クリームコロッケと次々と平らげれば、充満する貝臭に鼻腔を細める公資が貝フォンデュに付随するバケットばかりで腹を満たし、平均単価の低廉に大きく寄与したとしても、居酒屋チェーンの類に俗に大蛤と称される代替物ホンビノスが増大している様に国産蛤漁獲高は著しい減少を示しており、大きさに劣る輸入物主体でも貝専門店とあらば散財に至るのは否めない。
 貝の生臭さに惹かれる割に、僧侶並みに生臭い牡蠣はご遠慮しているが期せずしての壮行会、貝には当たらず明日からはヤマが当たって欲しい。

 結論は翌週との見方が強かったので質疑応答の中途で画面から一旦離れたところ、同僚に回顧談が始まったと促され、慌て再びテレビの前に駆け付けると言葉に詰まりながら辞職の弁が放たれた。
 表現は悪いが、政府にはボロボロになるまで使い切る選択もあったろうし、甘利氏個人としても全て秘書の落ち度と切り捨てることも不可能ではなかったろう。
 些か偏った物言いなのかも知れないが、誰も真の悪人ではなかったという点で残念ではあるが救われた感もある。政治的に如何なる影響を齋すかはまた別の話しとして。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3331-be472407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad