コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

1月23日(土) そして・・・めぐり逢い  -アイドル・芸能 - 舞台・ミュージカル-

h366.jpg  年に一度の定例、大学時代のサークルの新年会。個人宅に居を据えての忘年会から新年会に移行して既に十年、ここ数年はホストへ負担への配慮と各人の可処分所得の拡大、更には参加面子の固定化に鑑み、昼の店舗スタイルが定着している。
 帰国から幾年の者あらば、第二次外遊サイクルに入ったか渡英した者、渡英を控える者あり。三重より蜻蛉返りするレギュラーメンバーあらば、帝都と地方を往来する職種で中には十数年振りの再会というケースもある。
 日々の往来も激しく、土曜にも拘わらずTV出演から駆け付ける者あらば、職務に向かうべく早引けする者あり。模試の息子を迎えに急ぐべく素面のままの者あらば、子息の餅つき大会で結局間に合わずの者あり。
 流石に脂の乗り切った公私ともに多忙な世代と自画自賛しても詮ないが、慌ただしく近況を述べ合いながらもその中身の大半は子供について、上は大学受験から年中組まで多岐に亘るため、既に子育てから手が離れた先行者には懐かしい、後発組には先達の経験則が貴重な知見に当たろう。
h365.jpg  何れは孫の話しになるのだろうかなどとたわいも無いことを言いながら、私もまた早々に車を飛ばして模試会場へと向かうのだった。

 高校時代に愛知県の老舗舞台、御園座の公演を課外授業扱いで学年揃って拝察した折に、余りの私語喧騒に壇上の主演俳優から「お客様、芝居が壊れます」と御叱りを頂戴した記憶がある。
 今にして想えばそれは前進座の中村梅之助氏の舞台だったのだろう。その時分、既に再放送の「遠山の金さん捕物帖」は拝察していた筈だが、あの梅之助かと畏敬に及ばなかったのは若さ故である。
 氏以降の金さんが如何にも大物風情で桜吹雪を露にするカタルシスに焦点が置かれたのに対し、寧ろ遊び人の金さんの日常の描写が主題とも言うべき梅之助氏の金さんは、今もなお数多遠山もののひとつの雛型であり続けている。
 勿論、その酒脱な主題歌もまた印象を倍加させていよう。何しろ「ご存知長屋の金さんが、諸肌脱いでべらんめえ」である。「ご存知長屋の金さんに、捕れない者は悪だけさ」では役立たずではないか、と長年疑問だったのが「惚れない者」と氷解した際の感慨も懐かしい。
 御冥福を御祈りします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3329-410eea81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad