コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

11月12日(木) 作られた笑い  -政治・経済 - 経済-

h292.jpg  裁量の余地を極限まで削ぎ落とし厳格なマニュアル化を追求しなければ、今や外国人労働者に依存する単純接客業は成り立つまい。
 その目途が消費の利便性にある以上、著しい童顔にあらずとも成人ボタンを押下させられ、返金の確認を強要されようと甘受せざるを得ないだろう。
 ただ昨今蔓延りつつあるのは悪い宗教に嵌まったのではと疑いたくなる程の過剰な作り笑いである。それでも女性店員は概ね愛想の領域に留まっているものの男性のそれは嫌が応にも鼻に付き、勿論ぶっきらぼうに過ぎるのもサービス業としては問題だろうが、却って消費者を喪っているのではと余計なお小言を垂れたくなる。
 敢えてファルセット擬きの声色を用いるのには虫酸すら走るが、中にはマニュアルに裏声を用いるべしと一文が掲げられているとしか思えない、誤解を恐れず述べれば麗人でも無いのに恰も男装家の如く地声そのものが高音になるに至っては、若年男性の草食化という別の課題すら浮かび上がって来る。
 人と人とが接するサービス業の最先端こそが国家と社会の縮図という訳でもなかろうに。

 今週はバッヂ組述べ12氏含め16名の関係者と会食する。うちカラオケ二回、うちケツ出し一回。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3297-0cd79a80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad