コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

9月29日(火) Left-handed Dream  -政治・経済 - 政治・経済・時事問題-

h196.jpg  「グランドキャニオンには柵がない」で始まる日本改造計画に感銘を抱いた者にとって、小沢一郎氏と志位共産党委員長の選挙・政権合意の報道には隔世の感を抱かざるを得なかった。
 思えば小沢氏が細川政権を設立した際のパートナー、公明・民社両党にはで自民党幹事長時代からの自公民路線の延長線上という意味で違和感は無く、「下駄の雪」扱いして社会党を切り捨てるのも理に叶っていた筈である。
 だからこそ紆余曲折を経て民主党の頭領に返り咲いた際の、生活第一のフレーズは兔も角、真っ先に旧社会党の横路グループとの提携を図ったのは敵の敵は味方という戦術的要請に過ぎまいと受け止めていたが、今になってみると日本改造計画から更には新進党解党後の純化路線、自由党の経済的自由主義からリバタリアンと認識されてきた小沢氏こそが仮の姿では無かったかとの疑問が湧いてくる。
 総合病院を自称した田中派木曜クラブの思想は「分配」にあったと言っていい。それは高度成長の残滓の中で拡大するパイが前提であったとしても、都市と地方の格差是正が二重映しとなり、「国土の均衡ある発展」というスローガンに昇華された。
h197.jpg
9月の次世代の党代表選遊説より
 であるとすれば木曜クラブ~経世会の系譜に連なる小沢氏の、最早経済的には社会民主主義と大差ない共産党との共鳴もまた先祖帰りに過ぎず、清和会の非吉田ドクトリン的な戦後政治の見直しに対峙するという点でも両者の握手は驚くべきものではない。寧ろ世代的要素もまた多分に作用していようが、保守本流たるが故に藤井裕久氏の様な非戦論とも通ずる要素が生じてこよう。
 勿論、70年代の全野党共闘(共産を含む)対社公民の路線論争ではないが、共産党の政権入りにはアレルギーもあろうが、少なくとも全選挙区擁立から再び転換するならば2009年の政権交替選挙を想起するまでもなく、与党にとっては脅威に違いない。
 時恰も自民復党相継ぐ次世代は元より、参院での選挙制度、平安法を審議を通じてゆ党から更に傾斜しつつある改革、元気、一方で民主との再結集を図る非大阪の維新と二極化しつつはあるものの、参院選に向け野党もまた整理統合されつつある。小沢氏の賭けは又もや政界を揺るがすのだろうか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3279-b0ce46ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad