コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

9月23日(祝) 二階のバーディ  -スポーツ - ゴルフ-

h191.jpg  週に二度のラウンドは黄金週間を除けばゴルフ合宿以来だろうか。
 銀週間の二日目を甘く見た20日は関越の渋滞に煽られ焦り挑んで、ドライバーのチョロもあり、オーラスのグリーン外からのアプローチ・チップインで終わり良ければの感こそあれ冴えない結果だった。
 職務柄からの千葉のふたつのホームコースを除けば、未だハーフでもエイジシュートが叶いそうだった2000年来、取り分け安価になってからはほぼ毎年数度訪れているおおむらさきにも拘わらず、東コースは実にフェアウェイが狭くラフも深く感じたのはまだまだ修行が足りない証か、通例ビジター予約だと東にはアサインされず、にも拘わらず遅延のため図らずも乗り込んだ形になったのだろうか。

h192.jpg  次いで秋分の今日は珍しく東名に舵を採り遥か背後に富士山を臨むレイクウッドは打って変わって初見参になる。
 ドライバーは回復したもののバンカーで繰返し叩いたり前半は中二日の効能が仲々発揮されなかったが、七番ショートで二階建てとなったニアピンで鶏根性で微妙な距離のパーパットを残しながら捩じ込んだのが転変の号砲になったろうか。
 後半11番ショートは寄せワンで又もやパーを拾い、更にラス前では又もや二階建てとなったショートでここ一番、ニアピンは疎かバーディパットまで沈めオリンピックは空前の大勝とは勝負強くなったものである。
 スコアに特段の進境は見られないものの、比較的距離のあるとされる西コースでも後半47をマーク出来たのは、要は100ヤード以内が安定すれば少々の長短は大きな障害にならないという新境地へと踏み出す小さくない一歩であったか。
 風呂から上がって急ぎ飛び出したおかげで多少の事故渋滞こそあれ順調に帰着し、こちらは混雑のメッカが電車は未だ連休最終日であるのに対し、恐らくは家内ドライバーの休養上の要請であろう年々前日へと繰り上がる予測を裏付けるものだったろう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3275-8ac648b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad