コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

8月31日(月) 虫の居処  -育児 - パパ育児日記。-

h170.jpg  夏休み最終日、最早夏休みで無かった祐旭にもオーラスばかりはと妻が豊島園へと誘い、釣りや遊具やらに耽溺する。
 釣り堀もまた餌の生き物に触れ得ない父には不得意分野だが、父が一緒であれば決して訪れることの無い地に足を踏み入れたのが昆虫館であった。
h169.jpg  幼き日々には誰しもが虫に親しむもので、想えば私もまだ雑木林も豊かだった青葉台の社宅付近でカナブンの捕獲に勢を出していたものである。しかしながら長づるに連れ虫には文字通り虫酸が走り、成虫はまだしもあまつさえ幼虫には近寄ることすら叶わず、百歩譲ってサナギマンまでという虫も殺せぬ非生物学的人格が形成されたのである。
 にも拘わらずわが家は昨年から俄かに賑わいを見せ、既に成虫段階で到来したパリーフタマタ、ヒラタ両クワガタに続き、ケースに加え木材、腐葉土まで誂えアトラスオオカブトとニジイロクワガタを幼虫から成虫に孵さしめているのも、わが子らの教育的見地からは望ましいと言わざるを得まい。
 しかも何れも番での扶養とはブリーダーもかくあらん所業だが、この中でアトラスだけが雌のみの在住であり、婿を取らねば寂しかろうと義侠心が湧いたと言うよりは、男尊女卑の昆虫界において明らかに角の大小で容姿に優る雄を求めたのもまた道理であったろう。
h171.jpg  然して三等に掲げられた雄アトラスに狙いを定めて籤に挑むと、虫の知らせは無かったろうが驚く勿れ一等当選、目出度くわが家に到来したのがコーカサスオオカブトとはまさに事実は小説より奇なりではないか。
 確かにアトラスより更にひと廻り大きく見目麗しくあるものの、ともに国内頒布多数で安価なコーカサスは一等には相応しいだろうが、アトラスと異種交配に及ぶにも至らず独身貴族が増えて仕舞った。この図らずものムシキング状態は祐旭の理科の意外な好得点に寄与しているのだろうか。

 【追記】 コーカサスの男性は到来から約二週間で逝去された。縁日のひよこの様なものかも知れないが、アトラスはなおまだ見ぬ夫を待ち続けている。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3266-7bb9c150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad