コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

8月12日(水) Let's Fly Again  -地域情報 - 東京23区-

h145.jpg  SAPIXの夏期講習漬けの小休止を前に、父も夏休みの宿題とも言うべき、久々に紙を纏めるお仕事に一段落を付けて中野サンプラザで細やかな晩餐である。
 小学校教諭への暑中見舞いに「一日14時間勉強しています。最早夏休みではありません」と悲痛な叫びを記した祐旭をもわざわざ導いたのは、今は亡き雇用促進事業団から中野区の第三セクターに委ねられたサンプラザも、東京五輪に向け再開発を余儀無くされるからには隣接駅在住家としてその勇姿を記憶に刻んでおかなければとの責任感故であったろう。
h146.jpg  しかしながら偏食著しきわが家に相応しきバイキングの名に牽かれて訪れてはみたものの、一見してひと昔前の行楽地の旅館風情である。実際、宿泊客が大宗を占め外来はひと握りとしか見受けられないし、そもそもお犬様の住居から陸軍中野学校と数奇な運命を辿った中野駅北口一帯が警察病院と大学街に一変してなおサンプラザの命運は未だ明確ではないらしい。
 コンサート会場から宿泊施設、ボウリング場にカラオケまで揃った幾分アナクロなこの建物に今暫くはお目に掛かれるのだろうか。バイキングはこれっきりだろうが。

h147.jpg  永田町、霞ヶ関においてすらYシャツ着流し姿が常態化しつつある中、今日は初めて上着を脱ぎ捨てて出勤した。休日はTシャツに短パンかつノーパン健康法に努める暑がりにとって、久々に神保町まで物見遊山に繰り出してみるに付け、かく装束の麗らかさに痛み入る。
 時恰も長年、東京・関西・中部三巨頭の遥か後塵を拝しながら、俄かに時の人となってなおよくも悪くも焦りの感じられない九州電力が漸く原発再稼働に漕ぎ着け、だからと言って鹿児島から冷気が送られてくる訳ではないが、必要以上に手続きに時を擁したお陰で却って官邸界隈の反対運動にも良き冷却期間となったのは不幸中の幸いだったろう。
 傍らでは冒頭から飛ばした公資が敢えての小休止を経て新たな皿を抱えてバイキングに挑むところである。こちらの再稼働は些か腹回りを加熱させそうだが。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3256-c0390f99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad