コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

7月26日(日) カシアスの子供達  -育児 - パパ育児日記。-

h136.jpg  小学校の社会科において初めて行政区の概念が現れるのは三年生である。それが年を追う毎に都道府県、更にはわが国と敷衍していくのは今も昔も変わらないが、嘗ては若冠郊外の住宅地以上に語られることの無かった「私達の杉並」も今やアニメの聖堂と授業においてまで賛美されるとは時は流れたものである。
 その象徴たる杉並アニメーション・ミュージアムへの既往歴を問われて公資本は挙手しなかったと宣っていたが、それもその筈、五年前は未だ四歳とあらば記憶も欠落して然るべきだろう。
h135.jpg  そこで今般のプチ御出掛け二人行と相成ったが、結論から言えば公的施設の哀しさ、鎮座するオブジェは相変わらずのハクション大魔王であり、却って寂れた感を醸し出している。
 考えてみれば東京美術館にも飾られていた最新のデジタル彩色技術に顕著な様に、今やコミケの類の目玉商品だったセル画すら存在しない漫画映画において、売りのイベントが思い切りアナクロなクレイアニメの実体験とは些か時代がかってはいまいか。
 お題のガンバの大冒険はさておき父は粘土のウルトラマン製作に没頭したが、デジタル世代の公資には今ひとつピンと来なかった様である。

h137.jpg"
左からチブル星人、ウルトラマン、
アイアンキング
 実は今月から新しいウルトラマン、Xの放映も始まっているが、CGも採り入れながらそれなりに特撮にも手が込んでいる点が存外に好事家には評価されているらしい。
 セブンの実子とされたゼロ以来、ウルトラマンは擬人化が進み、今般もまた変身する地球人とXという別人格が存在するが如く演出が為されている。
 その萌芽は「ウルトラマンになれ」と団次朗氏が煩悶する初期新マンにも見受けられるし、現実に映画「超ウルトラ8兄弟」をひとつのピークとして、黒部進氏、森次晃嗣氏といったウルトラ俳優達が引退期を迎えるのを見据えての代償措置でもあったろうが、些かジャンボーグAに乗り込んだ立花ナオキの如くあり、平たく言えばウルトラマンらしくない。
 既にわが子達にとっては過去のものとなったウルトラ・シリーズだが、タロウにおいて父に続き母を投入し「ウルトラの国」の概念を構築したファミリー路線とも異なる、ウルトラマンのロボット化が迷走円谷プロの辿り着いた結論であるとすれば若干寂しい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3251-e298befd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad