コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

6月2日(火) 一日

h69.jpg  通例通り八時前には出社して朝から議員会館へと急行する。幹部の懇談日程を提示して幾つか届け物でとって返し、依頼事項を部局内で整理、委任して来客を迎える。そのまま会館で会えば話しが早いが、お願い事なのでと到来される律儀な向きに河岸を変えるとも言い難い。
 今度は麹町に向かいパーティのメッカで昼食会だが、足を運び頻繁に顔を見せるるのも窓口の羊蹄に他ならない。再び議員会館まで歩き今度は来週の燃料電池車試乗の段取り、芝にステーションが完成し、台場まで遠征しなくて済むのは朗報である。
 急ぎまた戻り来客とは非効率に見えるが、同僚が巧みに時間繰りをハンドリングして呉れるので自転車操業でも何とか回っている。
 次いで今度は大手町、15年前とは土地も建屋も一変している古巣で経団連総会後のパーティである。年を重ねる毎に知己は増殖するから自らご挨拶に駆け巡るのと並行して本業のアテンダー責務も果たさなくてはならない。だからと言って闇雲に引き合わせていては窓口ネットワークならぬ末端窓口の峻別機能を果たしていないが、上官の空き状況を伺いつつ一方で混雑を縫って大物を誘導するのは至難の業で、どっと疲れが出た。
h79.jpg  その足でもうひとつのメッカ、ニューオータニで講演に預かる。耳は弁舌に傾けヒットすれば片眼で資料を追いつつ、一日で溜まった調整案件にメールを打ち続ける聖徳太子状態から、中座してパーティは割愛し丸ノ内へ急行する。
 会食は学者に転じた学生時代の友人と、氏が民間から官庁出向期の役所の上官で民間に転じた御仁と天麩羅を味わう。

 ともだちよ これが私の 一日の仕事です。
 テュリャ テュリャ テュリャ テュリャ テュリャ テュリャリャ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3225-417872f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad