コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

4月19日(日) de-briefing  -グルメ - B級グルメ-

h8.jpg  先週に懲りたと言うべきか、朝から定番の練馬区早宮にゴルフ練習へと向かう。週に一度の朝練から遠ざかっていたのは直接的にゴルフへの情熱が失せた為だったのか、精神的・肉体的疲労の蓄積が何事にも厭世感を催していた、その一環としての出不精だったのか。
 そもそも祐旭の受験モードに伴い子供と御出掛けシリーズも自ずと急減したが、あまつさえマッサージに赴くのすら億劫になっていた行動原理に鑑みれば後者たろう。多忙は必ずしも緩和されていまいが、漸く日常を取り戻しつつあるアベノミクスの地方波及よりは先ず穏当な回復振りに、わが事ながら少し安堵してみたりして。

 引き籠りは音楽鑑賞と読書には好都合だが、必然的に間食も増殖する。OK行脚で蓄えた多胡麻は言うに及ばず、湯沢で更に親和性の増した柿の種(写真)やらカウチポテトならぬベッド煎餅族では、腹回りが一層豊かになって次男と好取組になりかねなず出不精がデブに帰結などと悠長に構えている場合ではない。
 より深刻なのはコンソメである。そもそも幼少期に祖父に振る舞われた洋食のアラスカの濃厚なコンソメへの郷愁が、フライト時の飽くなき渇望として現れるならば可愛いものだが、残念ながら市販品は何れも薄味で、頓にこのところは味の素の固形コンソメニ箇をカップに湯を注いで飲み干すのが定例になっている。
h9.jpg  マギーブイヨンも同様に試飲してこちらは微妙な味わいだったが、固形コンソメも基本は出汁用途であり、幾ら濃縮好みでも無闇に飲料に転用すれば塩分過多が危惧される。勿論、味の素のレシピに「そのままお飲みになる際は」と水分比率との注意事項の記載は無いが、だからと言って製造物責任で訴える様な真似は訴訟天国の大陸人でも無ければ及びも付かない。
 それでも渇水状態で清涼飲料水の消費も進めばわが家におけるアルコール摂取を大幅に削減してなお健康には必ずしも芳しからぬ効用を齋そう。血液もコンソメ並に泥々にならぬよう運動にもマッサージにも励みますか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3206-7d2396f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad