コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

3月31日(火) 自由の風に吹かれて  -政治・経済 - 経済-

g989.jpg  自動車製造業の対外窓口業に勤しむからには工場視察の介添役たる機会には事欠かないが、自ら携わった経験則に著しく欠けるが故に門前の小僧にも及ばず解説に耳を傾けながら視察者の一員の如く金魚の糞である。
 それでも新たな発見は見出だせるもので、場内に奏でられるオルゴール風のメロディが「土曜日の恋人」に「スキー天国、サーフ天国」と明らかに他工場との相違が見受けられるのは管理者の世代の為せる業なのか。
 考えてみれば固定電話の待ち受けもわざわざ改変しない限り概ね数パターンに絞られ、耳に焼き付いて後から原曲に触れて驚く程だが、バリエーションに欠けるのはJASRACへの支払い使用料を抑制する為ではなかろうか。ならばたとえ場内の限られた利用であってもかく楽曲が多様性に富んでいては要らぬ出費を齋しそうだが、ふと気付くと聞き覚えのあるフレーズもまた奏でられているではないか。
 それは幼少時より馴染んだTV放送の刷り込み効果に違いないのだが、不可解なことには同一企業の帝都のオフィスにおいてまま耳にする楽曲と同一なのである。到底そこには不似合いなサザエさんの、しかも主題歌でも副主題歌でも無くほぼ毎話オンエアされている「磯野家の団欒1」という著しく緊張感の弛緩するBGMの採用は、どうやら工場現場からの転用であったとは使用料低減の観点からも漸く合点がいったし、恐らくはその使用方法も類推されたのである。
 肝心の自動車製造過程には何等の効能も施さない得心ではあったが。

 ただこのアテンダー業を買って出たおかげでかの細川政権の立役者との会食の機会に恵まれたのは、ここ十年来最も緊張する時間には他ならなかったが、現下の永田町周辺居住者業たる身の上を措いてなお若き日のヒーローに対面するが如き感慨に包まれた。
 「政権交替可能な二大政党制」を具現し、事実国民が体感した政権交替という壮大なる実験は、「政権交替可能だが政権交替の無い複数政党制」に回帰しつつある現下においてなお、貴重な授業料であったのではないか。やらずに後悔するよりはやって後悔する方がいい、と全てを過去の記憶たらしめるにはまだ早過ぎるのかも知れないが。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3198-239621aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad