コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

2月28日(土) 浮かない話  -地域情報 - 名古屋・愛知-

g963.jpg  金持ち喧嘩せずには到底該当しないものの資産運用にはとんと関心が薄い。それはシャイロックが如く不労所得への嫌悪にはあらず、端から面倒臭がりの性癖に依ろう。
 従って有り難いことに父から譲渡された株式の預託先とも長らく音信不通のままだったが、気が向いたのでわざわざ土曜の朝に顧客として証券会社を訪れてみることにした。結果的には住所変更届以外に危急を擁するアイテムには巡り会わず、安堵感を得たのが最大の成果だったろう。ニーサの資料も預かったが多分手を付けないのではないか。

g962.jpg  午後の野暮用まで手持ち無沙汰だったので三年半振りにリニア・鉄道博物館に単身乗り込む。東日本の北陸、北海道両新幹線に旬の話題を奪われつつある中、リニア開通まで徒らに時を重ねること無くリニューアルに努めていようと想定していたが、実態は何等の変化も認められなかった。
 辺りには南極観測船や水族館といった名古屋市には希少な観光スポットに衣更えした港湾地区にも拘わらず、休日に児童層への最大の誘因に他ならない運転シュミレーションも容易に予約可能で、視察に訪れたのだろう年輩諸氏が興じている風情では先が思いやられる。
 確かに大宮の鉄道博物館は言うに及ばず西日本の梅小路機関区交通科学博物館も再編新設されるとあらば、屋外展示にも乏しくそもそもハコそのものの小さい本リニア館もまた、ドル箱たる東海道新幹線とその後継たるリニア中央新幹線の人気に胡座をかいている証佐のひとつと後ろ指を刺されてもあたら無実の罪とも言えまい。
 矢張り愛知県は産業遺産もまた自動車とともにある街なのかと、地理関係が著しくディフォルメされたジオラマを眺めながら鉄道車輛そのものには知見の薄い都市変遷評論家は唸るのだった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3184-a9b49d87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad