コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

1月3日(祝) いつもお天気  -地域情報 - 東京23区-

 明けまして御目出度ふ御座います。

g919.jpg  元旦は「トンネルを抜けると」の越後湯沢にしてなおかくも積もらんかの大雪の中、今年も六日町ジャスコにてゲーム三昧だったが、少しずつ子供達の成長を感じたのは、お年玉を手にした公資が今回は「自分の金だから、大胆に使う」と宣言していたことだろうか。
g920.jpg 勿論、小学二年生の大胆さは祖父母から預かった金額をメダルに変換してなお後幾ばくか追加するかの域を超えるものではないが、若き時分からお財布勘定を修得するのもまた大人の階段を登る一歩かも知れない。

 一般的に荒川流域に点在する氷川神社が杉並区内唯一高円寺に存在するのは不可解ではあるが、大宮の本体の支社たる理屈付けは誂えられ為ている様である。
 ただ当該氷川神社はわが国唯一の気象神社を社内に宿していることで寧ろ一部好事家には著名かも知れない。 嘗ては馬橋小学校をも含む広大な規模を誇った陸軍気象部は戦後縮小されたものの、自らが馬橋小児童であった時分にはまだ気象研究所として隣に鎮座在していた。80年に筑波学園都市に移転し、跡地は馬橋公園として整備されているが、その名残が気象神社の存在に表れている。
 正月三日の初詣、今年は大人しく天気晴朗にして波高からぬことを、天孫降臨に際し瓊瓊杵様に随伴されたという八意思兼命にお願いしたい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3162-1ee30ecc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad