コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

12月31日(水) 四年経たずにまた会いましょう  -音楽 - J−POP-

g915.jpg  結末への評価はいざ知らず、無事税制にも別れを告げて湯沢に辿り着く。都市部在住の現代の児童らしからず他の運動競技における低迷とは一線を画してスキーヤーたる腕前を向上させていく子供達を余所に、年を追う毎に体力も関節の軟骨も磨耗していく父は喫茶室のフリードリンクを友に待機ポストの岩原の大晦日であった。

g916.jpg  年の瀬に去るひと歳を顧みるのが紅白歌合戦の趣旨である以上、一時の如く懐メロ色に溢れるよりは洋の東西も局の大小も問わず、今年の風物詩を網羅する方が余程健全には違いない。
 少なくとも再早プロダクションの力関係云々を論じる以前に実質二年連続五回目のEXILEに白旗を挙げる他無く、ビブラートとこぶしはイコールでは無かったとしても、加齢に伴う多少の声量の衰えこそあれ石川さゆり氏の歌唱力に、作曲者たる椎名林檎氏の演歌との親和性を改めて感じさせられたのが最大の魅せ場という 前日のレコード大賞に比べれば盛り沢山であったのは間違いない。 br>  勿論、児童層の視聴の見込まれる前半戦への二度に亘る妖怪ウォッチの投入はこの為に「おおみそかは全員参加」のキャッチコピーを誂えたと邪推されても致し方ないジバニャン頼みにだし、前座にMay J.氏を配してこちらも二段階方式を採り得たのは幸いだったとしても、肝心の松たか子氏を御目出度で欠いた「アナ雪」は松田・神田親子出演の話題性こそあれ、幾分の物足りなさは否めなかったろう。<
 それでも些か痛々しかろうと敢えて新曲を披露して現役感を装った中森明菜氏の"復帰"は祭りらしくあり、白塗りをした故・三波春夫の物真似が実質的に紅白追放を齋したサザン・オールスターズが、「東京五輪音頭」の再び唄われるこの年に「東京VICTORY」を以て復辟を果たしたのは平成27年の象徴に他ならない。

 今年も有り難ふ御座いました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3161-4175436f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad