コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

11月2日(祝) Memories of you  -スポーツ - ゴルフ-

g875.jpg  立ち込める濃霧の中、女子プロゴルフ界に燦然と輝く樋口チャコ氏の冠を戴く森永レディースが開催される高滝カントリーを尻目に、来週には富士フィルムシニアの控えるここザ・カントリークラブにも観客席が設営され、ラフも程好く繁りバブリーな外観に花を添えている。
 パットの好調と本来の生命線たるドライバー、スプーンの不調は先週から変わらず、バンカーに苦しみグリーンを挟んでの往復を余儀無くされ、スタイミー続きの後半アウトに入ると力尽き、堅調だったアイアンにも終盤シャンクが現れ、冴えないスコアに留まった。僅かに巧妙を見出だすならば、近付いてからがそれなりに安定してきたが為に、パット以外に見るべきものが無くとも著しい大叩きには陥らないパターンが定着してきたこと程度だろうか。
 ただ4時台に出立した御利益か、ひと組目ならではのハイスピードに加え、半ば駄目元で尋ねてみたスルー要望が見事にはまり、冗談とも本気とも付かない同伴の御仁のワンハーフ要望も交わしながら、アクアラインの渋滞前に帰着した。
 驚くべきはその御仁の記憶力で、ホームコースでもあるまいにティーグラウンドに舞い降りる度に恰もキャディー宜しく、或いはそれ以上にホール毎の特徴と落とし処を言い当てるのである。
 流石は元レンジャー、地形やら自然物の構造は瞬時にインプットされるらしい。今日の如く初御目見えでも再三の到来でも一向に利害得失を齋さないわが身との彼我の差に、ゴルフそのものの技量の格差以上に目を覆わん木更津の午前だった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3131-d86cebdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad