コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

10月30日(木) 異国情緒  -地域情報 - 東京23区-

g869.jpg  来月半ばの新型燃料電池自動車の正式発表を前に、昨年来ここお台場にてひっそりと試作車を要人のご試乗に供する、水素にまみれた日々も遂にひと区切りである。
 度々試乗コースを一般消費者差止めにして関係会社の売上減に貢献しながらも、エネルギー国産化の大義名分に基づき、平日の真っ昼間にお台場に佇む、それだけ聞けば甚だ優雅に響くイベントではあったが、改めて隣接するビーナスフォートに闖入して、後任たる「青島だあ」に敢えなく御蔵入りに追い込まれたかの世界都市博を企図した鈴木俊一元東京都知事の新宿・渋谷を上回る第三の副都心構想、即ち嘗て都庁の存在した有楽町近辺を想定したのであろう商業施設とオフィス街の混在とは些か位相を異にした形の「都市」が成立している様が伺えた。
 そもそも昨日酔っ払ってお二方ほど夜分悪戯電話の如きを施した御詫び伺いに、一旦永田町に帰還するついでに菓子折りでもと所望したところ、お台場土産の類しか見当たらず妥協の已む無くに陥ったが、当該販売店たるラオックスのレジに赴けばいきなり中国語で捲し立てられるではないか。幸い先方は日本語も解説したとはいえ辺りを見渡しても店員にも客にも邦人らしきは認められない。これでは表現は悪いが、一歩転んだら隣国たる半島国家に半ば席巻されつつある対馬を彷彿とさせかねない。
 確かにビジット・ジャパンを通じた外貨獲得策には寄与していようし、恐らくはシンガポールのチャンギや韓国の仁川といったハブ空港を抱える近隣商業地には然るべき光景なのかも知れないが、サービス収支の改善と引き換えた文化・風土の変容には驚嘆を禁じ得なかった。
 午後再びお台場にとって返すと、今度は試乗最終回を期してオーラスに当該関係会社への御礼をと促され、しかしながら手ぶらは気まずかろうと今度は正真正銘の菓子折を求めてえっちらおっちら橋を超え、マダム・タッソーレゴランドの鎮座するデックスビーチ横のマルエツまで遠征する羽目に陥った。目を開かされ、悩まされ、土産に翻弄された一日。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3130-d5a9095b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad