コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

10月1日(水) hungry?  -育児 - パパ育児日記。-

g846.jpg  旧東京市の一般市化、即ち都制への一本化を記念する都民の日に、小学生時代休日を謳歌した記憶は欠落しているが、地方企業故ではなく押し並べて教員を除けば帝都在住者であっても社会人には単なる平日である。
 毎年子供達に併せて休暇をと企みながら長らく果たせなかったが、漸く実現に至って肝心の祐旭がサピックスとは時既に遅しの感は否めまい。ただ都内は等しく一計を案ずる父母も少なくなかろうから公資と二人、平日の横浜へと旅立った。 久々の新名所、オーヴィ横浜はセガの体感4D技術と英BBCのコンテンツの融合たる仰々しい謳い文句の割には、些かの説明過剰が耳障りなばかりか、売りのミーアキャットやら今更のパノラマシアターも特段目を引くものではなく、却って今時の都会っ子は生き物すら人工動物園で賞味しなければならないのかという寒々しさすら感じさせた。
g848.jpg  僅かに防災館擬きの零下体験は公資のお気に召した模様だが、足早に退散を余儀なくされた。

 しかしながら折角の平日をこのまま踵を返すのでは余りに勿体無く、置いてきぼりを喰らった祐旭の不興を省みず向かった先はカップヌードルミュージアムである。
 オープン間もなかった前回は入館すらひと苦労だったが、三年を経てなお人気には衰えが見られない。ただそこは平日、予想通り都内からの集団も見受けられ、少人数のチキンラーメン製作こそ既に満載だったが、おっとり刀で駆け付けてもマイカップヌードルには余剰がある。
g849.jpg 待機時間を前回パスした安藤百福氏の足跡や麺のオブジェ見物に充て、ベーシックのヌードル杯にお絵描きをし味付けの粉とトッピングを選択すれば、あっという間にマイカップヌードルの出来上がりとは幾分の拍子抜け感こそ否めなかったが、平日のお得感は満喫出来たのではないか。カップへの「学業成就」の大書を以て祐旭には勘弁して貰おうか。
 前回通り隣接する万葉倶楽部でひとっ風呂浴びてみなとみらいを後にした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3118-c0d0195c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad