コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

9月30日(火) 私の彼女は左向き  -政治・経済 - 政治・経済・時事問題-

 平等性を演出するが故に却って闇のヒエラルキーの存在を誇張するかの如き肩書き呼称の排除には違和感を禁じ得ないものの、土井たか子衆院議長の首班指名結果を報ずる「細川護煕さんを」のひと言には、帝国議会以来の君付けの伝統が打ち破られた革新気質への反感以上に、時代の変わり目を明確に意識させられたものである。
 元より昨年来に至る参院の与野党捻れの端緒となる「山が動いた」89年参院選も、政治とカネや女性スキャンダルはさておき、二桁を迎えようとする消費税も脂身の多い嗜好品として地位を確保している牛肉も、オレンジに負けなかったみかんも今や昔であり、日本社会党最期の切り札は党再興は果たせず平たく言えばひと時の仇花に終わったと断ぜざるを得ない。
 学生時代、サークルの面々を政治家に準えた内輪の実録小説においては、首都圏各大学に対峙する反主流としての関西勢、取り分けその雄たる同志社大の憲法学講師を務めた氏の経歴に鑑み、同大の大人たる女性を「土井たか子」に見立てており、不謹慎ながら思わず当人に弔意を述べて仕舞いそうになったが、このエピソードひとつを取っても曾てのスター振りが伺えると言うのは個人的な感慨に囚われ過ぎだろうか。

g845.jpg
2年前第一回の反原発公演
 ただ土井氏の衆院議長就任が社会党左派に対する細川政権参画への誘い水となったのは疑い無い事実であり、引いてはそのアンチテーゼとしての村山自社連立内閣を喚起し、結果的に自衛隊の合憲、韓国の承認といった20年を経て振り返れば55年体制の遺物としか思えない空想的社会主義からの転換を往時の第二党に齊した意義は、逆説的には違いないが国家としては小さくないものだったのかも知れない。
 同時に社会党はエネルギー政策においてもまた一大転換を果たしたのだが、三年目を迎えた去るNo nukesイベントにおいて、病欠した坂本龍一氏に代替するが如くに曾ての小泉政権の首脳陣とともにかの細川元総理の姿が見られたのは、「原発」もまた原水協や原水禁といったイデオロギー的な市民運動の世界から政策論争に名を借りた政争の域に入った象徴という意味で、社会が健全な方向に向かいつつあるとミナスのは余りに不健全だろうか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3117-5fb6e223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad