コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

9月16日(火) ダブルヘッダー  -政治・経済 - 政治・経済・時事問題-

 帰路殆んど睡眠を取れなかった報いか、帰国後三連休だったにも拘わらず寧ろ時差呆けが出てかつ緊張の糸が解けたのだろう、風邪の症状まで及ぼしてはビジネスマン失格である。
 おかげで休み明けの、御付きを断っての某先生を囲む会の代々木から踵を返してになる、凡そ22時からの送別会はパスしようかと萎えていたが、案内の入っていた同僚のその時間からでも参加するとの意気込みに殉じて、一席目のオーラスをまいて麻布へと急行する。
 馬齢を重ねるだけでも段々と陪席や新参者としての参画が億劫になるが、逆に周辺居住者生活が長くなると、こうした内輪に近い会となると自然に中央に近いポジションが与えられ、問わず語りの気楽な時が流れていく。おかげで体力的には疲弊したが憂さを晴らし得る心地好きダブルヘッダーとなったか。

g833.jpg  臨時国会を前に野党にとっては責めて人事で存在感を示したいところだが、永田町のインナー・サークル的な視点からは、半ば片肺飛行であった執行部から挙党体制を整えたとの評価は得られようとも、一般的には「昔の名前で出ています」の域を超えられない民主党人事ではあった。
 しかも維新・結いの合併は兔も角、みんなの内紛に話題を浚われて仕舞っては、わざわざ盛岡まで足を運んでの両院議員総会も立つ瀬が無い。
 悪名は無名に勝る、と片付けては政治部を批判出来ないが。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3112-0341730d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad