コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

8月16日(土) 原点回帰  -地域情報 - 新潟県-

g771.jpg g772.jpg
 渋滞の激化を前に午前中には湯沢を後にする最終日、本来なら待機に終始するところ思い立って久々に風呂巡りに走る。
 思えば湯沢がまだ物珍しかった時分にはぬるま湯の貝掛温泉をはじめ周囲の日帰り温泉施設を網羅した記憶がある。ひと亘り足跡を残すと関心が薄れてリピーターにならないのは父の性癖だが、つい数年前でも幼かった子供達は既に記憶から欠落していよう。
 然らばこのところ定番ばかりだった湯沢詣でにおいて、久々に原点回帰の趣旨だが、ただ使えるのが早朝に限られるため温泉街と言うよりはスーパー銭湯擬きに絞られるのは致し方ない。
 結局、石打ユングパルナスから健康ランドの梯子と著しく風情には欠けたが、勢い勇んだ割には子供達が気乗り薄だったのは意外だった。
g773.jpg
パラオにて
 確かにハワイアンズは六年、小涌谷のユネッサンが五年前であり、大江戸温泉物語ですら本館は三年、浦安の分館ですら二年のスパンがあるから風呂遊びという絵柄からして身に疎いものになっていたのだろうか。
 高井戸の美しの湯はそれなりに満喫していたから湯船の数とバラエティが寛容なのかも知れないが、バブリーなスポーツ施設から転換した山河の湯が閉店の已む無しに至った様に、風呂ブームの中で巨大エンターテインメントと小綺麗で安価な街中のスパとに二極分化が図られているのかも知れない。
 子供達にとっては湯沢風呂巡りは蠱惑的なイベントたり得ないのか。次回、戦術を練って再挑戦したい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3089-d9b8be0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad