コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

6月30日(月) 環境なる美名の下に  -政治・経済 - 環境・資源・エネルギー-

g751.jpg  昨年に次ぐ豊田市のエコフルタウン、今般は先週本邦のみならず世界初の市販燃料電池自動車の発表あり、永田町的にも無事会期末をクリアしての好タイミングだったか、バスを仕立てて議員一行様が大挙訪れる。顔馴染みの方も少なくないからアテンドというよりは当方も顔見世興行に近い。
 残念ながら発売前の新燃料電池車が現れる様なハプニングも生じず、旧型のバスへの水素充填を有り難く拝察する。家と車と電気のスマートハウスや高度交通システム体験、或いは急遽運搬したセグウェイの紛い物こそ見世物の域は脱し得なくとも、地元物産店舗は元より既に実証実験中の電気コミューターCOMSに加え、やがて水素スタンドの商用化が進めば、単なる環境至上主義に陥らず経済発展に資する環境技術を採算ベースに則る形で提示出来るかも知れない。
 その時初めて財政余剰の大きな自治体の手慰みの域を超えた、真の見本市が誕生するのだろう。

g752.jpg  昨日は八王子からの帰路、短絡を期して明大前で途中下車してみたが、折からの台風で立ち往生の憂き目に会う。
 近年の地下化改装まで嘗て同系列だった小田急・井の頭間の改札がスルーだった下北沢と対照的に、明大前は京王・帝都の同一社内ながら両ホームが三階層離れていて乗換駅の風情に乏しい。
 所在無く佇みふと跨線橋から見下ろせば掘割になった井の頭線は丸々冠水していて当分は運転休止だろう。かくあれば行き場を失った乗客がタクシー乗り場に殺到しそうだが、幹線道と並行する京王沿線の特色なのか駅前ロータリー乏しく、豪雨で無線も不通状態とあらばお手上げである。
 結局すごすごと再び京王線で新宿経由帰還したが、何か歯車が噛み合っていない日常の象徴の如し。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3080-3475ffa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad