コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

7月10日(木) 老いに向かう  -ヘルス・ダイエット - ガン治療-

g722.jpg  三人寄れば派閥が出来るとの喩えに準えるのは穏当ではないが、四人集まれば二人は癌経験者という御時世だから坂本教授の癌報道もまた驚くには値しないのかも知れない。
 ただ咽頭癌は比較的稀な癌であり、旧くは総裁三選を果たしたばかりの池田総理が生来のダミ声がよりガラガラ声になり、現職総理かつ癌が不治の病としてタブー視された時代背景からも敢えて「前癌症状」と発表されたのは今は昔としても西洋ではかのジョージ・ハリスン氏が長の療養の末に、わが国においては凡そ病とは縁遠そうな忌野清志郎氏が一旦は復帰されながらも、何れも還暦を前に黄泉路に旅立たれたのは記憶に新しい。
 幼少期からのスターが誤解を怖れず述べれば"病気自慢"の世界に到達しつつある事実は自らもまた身体への配慮を欠かせない世代に近似してきたことを痛感させられようが、坂本氏におかれては反原発の巨匠として放射線治療を拒否するとの報道は悪い冗談として、無事帰還を果たしていきなり癌撲滅プロジェクトに走ったりすることなく、またミック・ジャガー氏の如くドラッグを断ってジム通いに精を出し若かりし時分より遥かに健康体を取り戻す様な転向にも堕さず、不摂生を続けてなお年齢相応の音楽家の姿を体現して戴きたい。

g723.jpg  子供達が特撮全般を卒業してすっかり縁遠くなったが、今日は空想特撮シリーズ・ウルトラマンの第一回放送を前に、敢えてウルトラQ最終回「あけてくれ」を割愛して「ウルトラマン前夜祭」を放映した旧知に因み、ウルトラマンの日とされている。
 都内では日比谷公会堂に次ぐとされた杉並公会堂からの公開中継は、処々に翌週からの新番組の映像を挟みながらも段取り不足で悲惨なものだったとされるが、その杉並公会堂も2006年にリニューアルされ往時の面影はない。
 わが家では今や寧ろ、納豆の日の方が馴染み深いだろうか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3060-0ab2979e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad